Entry Navigation

早春の海 その4

早春の海の4回目は、オオハムです。
漁港には数羽のオオハムがのんびりしていました。

DSC_0494-オオハム-B(1)冬羽のオオハムです。夏羽への換羽は何時頃始まるのでしょうか。

DSC_0441-オオハム-B(2)頭だか首だか後ろから見ると異様に大きいです。

DSC_0479-オオハム-B(3)撮影時はくつろぎタイムだったようです。長い嘴でお腹の羽繕いです。

DSC_0545-オオハム-B(4)大きな水掻きを見せてくれました。

DSC_0534-オオハム-B(5)最後はお約束の羽ばたきです。






category
アビ科

早春の海 その3

早春の海の3回目は、ミツユビカモメです。
今季はミツユビカモメの飛来が多い様で、若い個体も見る事が出来ました。

DSC_1438-ミツユビカモメ-B(1)まずは定番の成鳥冬羽です。

DSC_1474-ミツユビカモメ-B(2)2羽です。

DSC_1459-ミツユビカモメ-B(3)飛び物です。

DSC_1508-ミツユビカモメ-B(4)背面です。

DSC_0765-ミツユビカモメ-B(5)嘴が黒いので第1回冬羽と思われます。

DSC_1519-ミツユビカモメ-B(6)これからの3画像は第1回夏羽と思われる個体です。

DSC_1743-ミツユビカモメ-B(7)やっとフレームに収まるくらいの近くを飛びました。黄色い嘴と黒い先端です。

DSC_1837-ミツユビカモメ-B(8)背面を見せました。黒いラインがМ字形に見えます。








category
カモメ科

早春の海 その2

早春の海の2回目はウミアイサです。
ウミアイサは数はそこそこいるものの、遠かったり逆光だったりと撮影は
意外と難しく、♂の頭のグリーンが上手く出ませんでした。

DSC_1178-ウミアイサ-B(1)♂

DSC_1182-ウミアイサ-B(2)

DSC_0378-ウミアイサ-B(3)♀

DSC_1342-ウミアイサ-B(4)♂2羽

DSC_1376-ウミアイサ-B(5)向きを変えてもう1枚

DSC_1405-ウミアイサ-B(2)2羽が近くを通った漁船に驚いて、いきなり飛び出しました。
  逆光側を飛びましたが、何とか2羽をワンフレームに収める事が出来ました。



category
カモ科

早春の海 その1

春の陽気に誘われて海辺での探鳥です。
何種類か撮影できたので、鳥種ごとに数回に分けてブログに掲載いたします。
1回目はウミスズメです。

DSC_0172-ウミスズメ-B(1)近くで出会えたウミスズメです。
  夏羽移行の合図でしょうか、目の後方にシラガの様に白い毛が点々と見えます。

DSC_0182-ウミスズメ-B(2)海中に潜る姿勢を取りました。

DSC_0183-ウミスズメ-B(3)

DSC_0184-ウミスズメ-B(4)一瞬の出来事です。

DSC_0178-ウミスズメ-B(5)水中画像ですが、何だか分かりませんね。

DSC_0315-ウミスズメ-B(6)羽ばたきです。

DSC_0233-ウミスズメ-B(7)ウミスズメは2羽いました。






category
ウミスズメ科

ハイタカ

久し振りのハイタカです。
昨年秋に賑わったハイタカの狩場も、餌となる小鳥の群れの移動で消滅し、
その後いままで実績のある撮影ポイントでも、小鳥が少ないせいか、滅多に
見る事が出来なくなりました。
今回撮影距離はありますが、諦めかけていたハイタカに会えて嬉しい限りです。

DSC_8164-ハイタカ-B(1)久し振りのハイタカです。成鳥♀のようです。

DSC_8172-ハイタカ-B(2)背面を見せました。

DSC_8175-ハイタカ-B(3)角尾です。

DSC_8196-ハイタカ-B(4)

DSC_8218-ハイタカ-B(5)距離は近くなりましたが、太陽側に飛んで逆光が厳しくなっています。
  補正ではカバー出来ないので、マニュアル露出で撮影です。

DSC_8234-ハイタカ-B(6)そのうが膨らんでいるのが分かります。獲物は何だったのでしょうか。












category
タカ科