Entry Navigation

いつもの河原

いつもの河原の小さな池にタシギが来ました。

DSC_6240-タシギ-B(1)この池でタシギは初めて見ました。

DSC_6284-タシギ-B(2)長い嘴のほぼ根元まで水の中に突っ込んでいます。何が取れたかは不明でした。

DSC_7697-アオゲラ-B(3)川辺の桜の木にはアオゲラ♀が来ていました。
  分かりずらいですが、こちらは舌を出して餌探しです。

DSC_7702-アオゲラ-B(4)少し休憩です。

DSC_7707-アオゲラ-B(5)アオゲラは桜の木に付いたキノコの様な物に舌を出しています。
  この画像も舌が分かりずらいので大きくトリミングですが、ほとんど見えませんね。

DSC_8001-ノスリ-B(6)上空を見れば、飛ぶのはほとんどノスリです。カラスと仲が良い訳ではありません。

DSC_8002-ノスリ-B(7)

DSC_5540-ホオジロガモ-B(8)少し前に川の上流に行って撮影したホオジロガモです。
  ♂♀来ているとの事でしたが、この日は♂♀が別行動になっていて、期待した
  パホーマンスは全くありませんでした。訪問時期が早すぎたのでしょうか。









スポンサーサイト
category
その他

ベニマシコ

最近撮れたベニマシコの超大トリ画像で遊んでみました。

DSC_7469-ベニマシコ-B(1)500ミリ+テレコン1.4

DSC_7519-ベニマシコ-B(2)300ミリ

DSC_7535-ベニマシコ-B(3)300ミリ

DSC_7539-ベニマシコ-B(4)300ミリ

DSC_7560-ベニマシコ-B(5)300ミリ

DSC_7428-ベニマシコ-B
(6)500ミリ+テレコン
   全体的に趣味の悪い絵になってしまいましたが、ピンク色の舌まで
   しっかりと写っています。





category
アトリ科

ハイタカ

河原の水辺で何かいないかと探していたら、何と目の前にハイタカ幼鳥が降りました。

DSC_7572-ハイタカ-B(1)ハイタカが降りた場所はゴチャゴチャした所だったので、様子を見ていると
   ほぼ全身が見える所に来ました。
   凡そ10年ぶりにハイタカの水浴びが見れるかと期待しましたが、カメラを持った
   人が来て、ハイタカは飛んで行ってしまいました。
   その人曰く、オオタカの幼鳥かと思って追いかけて来たとの事。
   とんだ疫病神のお陰で、超久し振りのハイタカの水浴びシーンを逃しました。
   

DSC_7573-ハイタカ-B(2)

DSC_7604-ハイタカ-B(3)

DSC_7617-ハイタカ-B(4)

DSC_7621-ハイタカ-B(5)

DSC_7689-食痕-B(6)こんな物も見つけました。散乱した白い羽です。
    多分コサギか何かだと思いますが、ハイタカがコサギを襲うとは聞いた事が  
    ないので、オオタカの仕業かと思います。
    河川改修の影響でしょうか、最近オオタカを見る機会が少ないので、
    居ついてくれればいいのですが。




category
タカ科

ベニマシコ

久し振りにいつもの河原に行きましたが、ベニマシコがよく出ました。

DSC_6478-ベニマシコ-B(1)♂

DSC_6562-ベニマシコ-B(2)♀もよく出ましたが、都合によりこれ1枚です。

DSC_6736-ベニマシコ-B(3)イノコヅチがお気に入りのようです。

DSC_6759-ベニマシコ-B(4)いろいろとポーズをとってくれます。

DSC_6784-ベニマシコ-B(5)

DSC_6795-ベニマシコ-B(6)お食事シーンも押さえておきます。

DSC_6802-ベニマシコ-B(7)

DSC_7162-ベニマシコ-B(8)最後は遠目の1枚です。







category
アトリ科

続リュウキュウサンショウクイ

難敵なリュウキュウサンショウクイですが、今回は幸運にも近くで撮れました。

DSC_5819-Rサンショウクイ-B(1)横止まりです。また青い虫を咥えていました。お気に入りの餌の様です。

DSC_5828-Rサンショウクイ-B(2)今度は縦止まりです。
   白い媚斑と黒っぽい胸で如何にもRサンショウクイです。

DSC_5831-Rサンショウクイ-B(3)

DSC_5838-Rサンショウクイ-B(4)

DSC_5846-Rサンショウクイ-B(5)背景が暗く落ちた場所で撮りたい所ですが、贅沢は言えません。




category
サンショウクイ科

ノスリ

ノスリが近くを飛びました。
カメラで追ってみると、脛の横斑がはっきり見える成鳥♂でした。
羽衣の特徴が良く分かる様に、画像はすべて大トリです。

DSC_5614-ノスリ-B(1)脛の横斑はよく見ないと分からない画角です。

DSC_5618-ノスリ-B(2)今度は横斑が良く見えています。

DSC_5622-ノスリ-B(3)♂は下面が暗いイメージです。虹彩が暗褐色で成鳥の証です。

DSC_7153-ノスリ-B(4)以前に撮影したものですが、この個体は脛に横斑が無いので♀です。

DSC_7735-ノスリA-B(5)幼鳥には♂♀ともに横斑がない様です。
  ノスリは冬場に普通の猛禽ですが、たまたま横斑がよく見える個体が撮れたので
  勝手な解釈で自分なりに少し調べてみました。






category
タカ科

リュウキュウサンショウクイ

先日撮影したリュウキュウサンショウクイは撮影距離が有り、手持ちの短いレンズでは
かなり厳しいものが有りました。
今回はそのリベンジに行ってきました。

DSC_5051-Rサンショウクイ-B(1)背面です。

DSC_4682-Rサンショウクイ-B(2)腹面です。胸が黒っぽいです。

DSC_5080-Rサンショウクイ-B(3)

DSC_5109-Rサンショウクイ-B(4)青い虫ゲットです。何だか不明ですが、真冬にこんな虫がいるんですね。

DSC_5140-RサンショウクイA-B(5)飛び出しです。
   リュウキュウサンショウクイの生息域は年々北上している様で、関東地方でも
   普通に越冬し、人知れず繁殖もしているのかも知れません。




category
サンショウクイ科

アカエリカイツブリ

珍しく市街地の小さな河川に飛来したアカエリカイツブリです。

DSC_4422-アカエリカイツブリ-B(1)今の時期は地味な冬羽ですので、名前の由来の赤い物は見当たりません。

DSC_4528-アカエリカイツブリ-B(2)足で水を掻いた後が、連続した紋様となっています。

DSC_4462-アカエリカイツブリ-B(3)近くを通過しました。嘴の基部が黄色いです。

DSC_4511-アカエリカイツブリ-B(4)餌取りのため顔を水中に突っ込んだ瞬間です。   

DSC_4520-アカエリカイツブリ-B(5)餌ゲットです。何を獲るのか興味の有る所でしたが、ゲットしたのは
   水中に潜むミミズの様でした。

DSC_0214-アカエリカイツブリ-B(6)画像は夏羽のアカエリカイツブリです。4月下旬九十九里の漁港。




  



category
カイツブリ科

最近の成果

最近あちこちで撮影したものです。

DSC_1901-ベニマシコ-B(1)アキニレの種子を食べるベニマシコ♂

DSC_2096-ベニマシコ-B(2)セイタカアワダチソウの種子を食べるベニマシコ

DSC_1917-ベニマシコ♀-B(3)ベニマシコ♀

DSC_4202-センダン&ヒヨ-B(4)センダンの実を咥えるヒヨドリ

DSC_4212-センダン&ヒヨ-B(5)

DSC_3855-トラツグミ-B(6)じっとしていたトラツグミ

DSC_4141-ニシオジロ-B(7)花見をするニシオジロビタキ♂

DSC_4294-琉球サンショウクイ-B(8)越冬するRサンショウクイ♂。
   遠目ですが背中が黒い、胸から腹も黒っぽい。







category
未分類

モズ

河原の小さな池で、モズが水浴びをしていました。
モズの水浴びは初めて見ましたが、何度も何度も水をかけていました。
肉食の鳥は意外と清潔好きなのかも知れません。

DSC_3371-モズ-B(1)

DSC_3372-モズ-B(2)

DSC_3380-モズ-B(3)

DSC_3381-モズ-B(4)

DSC_3387-モズ-B(5)

DSC_3419-モズ-B(6)大口を開けて、いい気持ちだ、と言っているのかも知れません。

DSC_3437-モズ-B(7)水浴びでさっぱりです。












category
モズ科

ソデグロヅル

今日1月9日は成人の日です。
以前は1月15日でしたが、何時の間にかに変更になっていました。
お目出度い日なので、元日に続きソデグロヅルです。(12月初旬撮影)

DSC_0177-ソデグロヅル-B(1)親子3羽です。成鳥の羽衣は翼を閉じると真っ白に見えます。

DSC_0112-ソデグロヅル-B(2)縦横比率1対2に変えて大きくトリミングです。

DSC_0389-ソデグロヅル-B(3)

DSC_0392-ソデグロヅル-B(4)ソデグロヅルの名前の由来が分かります。

DSC_0418-ソデグロヅル-B(5)幼鳥の飛翔です。

DSC_0425-ソデグロヅル-AB(6)成鳥の飛翔です。







category
ツル科

五目撮り

期待したシーンを撮りに行きましたが、こちらの都合通りにはなりません。
仕方がないので、あれこれ撮りました。

DSC_2981-アオゲラ-B(1)シブカキを食べに来たアオゲラ♀です。まだ全体的には渋みが抜けていない様です。

DSC_3076-ルリビタキ-B(2)可愛らしいイメージのルリビタキですが、ミミズも食べるとは驚きです。
  若い個体かと思いますが、♂♀の区別良く分かりません。

DSC_3094-トラツグミ-B(3)下刈りをした地べたを、のそのそと歩くトラツグミです。

DSC_3105-ウソ-B(4)水道の蛇口で水を飲むウソです。

DSC_3147-ヤマガラ-B(5)今度はヤマガラが来ました。労せずして1種追加です。水場パワー凄いです。

DSC_3222-ベニマシコ-B(6)少し移動してベニマシコです。赤いのは残念ながら出ませんでした。







category
その他

初撮り

2017年初撮りは、喉元が橙色でおめでたそうなニシオジロビタキです。

DSC_2849-ニシオジロA-B(1)

DSC_2850-ニシオジロ-B(2)

category
ヒタキ科

アシ原

お正月三日目なので初撮り考えましたが、結局鳥撮りには行きませんでした。
という訳で去年の暮れ撮影の積み残し分から、コミミズクとコチョウゲンボウです。

DSC_1274-コミミズク-B(1)こちらを向いてくれました。この日はどん曇りで、3時過ぎでも薄暗かったです。

DSC_1320-コミミズクA-B(2)餌探しです。草の丈が長いので草の中に入ると、鳥の姿が見えません。

DSC_1431-コミミズク-B(3)

DSC_1689-コミミズク-B(4)大口を開けた所ですが、何だか良く分かりませんね。

DSC_1832-コミミズク-B(5)うまい具合に道路の際に降り立ちました。ネズミを捕まえたでしょうか。

DSC_1834-コミミズク-B(6)コミミが反対方向に飛び出しました。拡大するとしっかりネズミをゲットです。

DSC_1841-コチョウゲン-B(7)1羽の小さい猛禽らしき物が、薄暗い中をハイスピ-ドで飛びました。
  慌ててカメラを向けます。 写っていたのは♀コチョウゲンボウでした。

DSC_1845-コチョウゲン-B(8)少し前にコチョウゲン探しで田んぼ巡りをしましたが、その時はダメでした。














category
フクロウ科

新年のご挨拶

DSC_0399-ソデグロヅルAB-Bソデグロヅル
category
その他