Entry Navigation

ヨタカ

今年もヨタカです。

DSC_3861-ヨタカ-B(1)夜行性なので、昼間はほとんど薄目でいます。

DSC_3821-ヨタカ-B(2)目を開けました。

DSC_3877-ヨタカ-B(3)少し反対側に移動しました。
  口の周りの長いヒゲがセンサーの役目をして、飛んでいる虫等を捕らえる様です。

DSC_3889-ヨタカ-B(4)

DSC_3911-ヨタカ-B(5)いきなり伸びをしました。嬉しい事に初列風切と尾羽がよく見えます。
  初列風切の斑は褐色で、尾羽には白斑が有りません。よってこの個体は♀です。

DSC_4005-ヨタカ-B(6)見返り風です。

DSC_3929-ヨタカ-B(7)エンゼルポーズ?









スポンサーサイト
category
ヨタカ科

クロハラアジサシ

いつもの沼にクロハラアジサシの小群が来ていました。

DSC_3256-クロハラアジサシ-B(1)換羽が進んでいますが、夏羽の面影を残した個体です。

DSC_3467-クロハラアジサシ-B(2)こちらは幼鳥。大口を開けて何と言っているのでしょうか。

DSC_3494-クロハラアジサシ-B(3)翼を思いっきり伸ばしています。

DSC_3284-クロハラアジサシ-B(4)真後を向いての狩りです。
  クロハラの狩りはコアジサシと違い、水面近くの魚を嘴で挟み取る事が多いです。

DSC_3290-クロハラアジサシ-B(5)上の画像から3カット目で、やっとクロハラが咥えている魚が見えました。


DSC_3683-クロハラアジサシ-B(6)別のカットですが近くで撮れました。

DSC_3763-クロハラアジサシ-B(7)獲った獲物は飛びながら、すぐに食べてしまうことが多いですが、
  この時は魚を咥えtまま遠くに飛んで行きました。







category
カモメ科

ミズキ&ヒタキ

最近撮り貯めたミズキに集まるヒタキの仲間3種です。

DSC_2944-コサメビタキ-B(1)コサメビタキ。目が大きくてメキャ可愛いですね。

DSC_3175-コサメビタキ-B(2)

DSC_2819-エゾビタキ-B(3)エゾビタキ。

DSC_3001-エゾビタキ-B(4)

DSC_4284-キビタキ-B(5)キビタキ♂。

DSC_4344-キビタキ-B(6)狙いを定めたミズキの実にロックオンです。

DSC_4345-キビタキ-B(7)次のカットです。見事嘴でミズキの実を挟んでいます。

DSC_4298-キビタキ-B(8)キビタキ♀はと言うと、おしとやかにお食事です。







category
ヒタキ科

あの鳥は今何処に

約三週間程前埼玉県の稲刈りの終わった田んぼに、迷鳥アネハヅルが飛来しました。
アネハは夕方近くに発見されましたが、翌日早朝には飛び去っていたようです。
アネハは日本産ツルの中では最小で、美しい飾り羽と品の有る顔立ち、そして
ヒマラヤ超えのツルとして人気は抜群で、野鳥愛好家の憧れの鳥だと思います。
私も最近は珍鳥出現のニュースでも、夜寝つきが悪くなった事は少なくなりましたが、
今回はさすがに真夜中に目が覚めました。渡去の知らせにはガックリでした。
以前には九州の出水に行き、遥か遠くのアネハを見ました。フィルム時代です。
最近は4年ほど前に石川県七尾市に行き、至近で見る事が出来ました。
ロマンがあり、思い入れも強い鳥でしたので、三度目はいつもの田んぼでと
期待しましたが、その後音信不通です。あの鳥は何処に行ったのでしょう。
という事で、最近の長雨で鳥見も出来ず、4年前のアネハヅルを再掲載致します。

DSC_0749-241021七尾アネハヅル-B(1)

DSC_0909-241021七尾アネハヅル-B(2)

DSC_0958-241021七尾アネハヅル-B(3)

DSC_0599-241021七尾アネハヅル-B(4)お食事中です。草を食べていました。

DSC_1261-アネハヅル-B(5)憧れの飛翔シーンです。これを撮るのに何時間も待ちました。







category
ツル科

沼と田んぼ

各地に猛威を振るった台風16号も、温帯低気圧になって太平洋に抜けたようなので、
鳥見を再開してみました。
行った先はいつもの沼と田んぼでした。

DSC_2366-アマサギ-B(1)沼は水量が増えて、今まで賑わった干潟はほとんど水面下でした。
   シギチはお馴染みさんが多くパスし、ほとんど白くなったアマサギを撮りました。

DSC_2498-タシギ-B(2)次は田んぼです。青空でのタシギの飛翔狙いです。13羽。

DSC_2499-タシギ-B(3)トリミングして8羽です。

DSC_2610-タシギ-B(4)こちらに群れが向かってきます。
  本気モードで飛ぶとメチャ早いです。あっという間に通過し当然ピンボケでした。

DSC_2642-タシギ-B(5)旋回を待って腹打ちです。

DSC_2632-タシギ-B(6)一番撮りたかったのは、田んぼすれすれに飛ぶタシギの群れでしたが、
  なかなかチャンスが無いので、今回は森の緑バックです。

DSC_2656-ノビタキ-B(7)タシギを撮っていると、遠くにノビタキを見つけました。一応花とノビタキです。

DSC_2666-ノビタキ-B(8)少し近寄って1枚です。まだ居場所が不安定で、その後見失ったままでした。
  とりあえず秋のノビタキが撮れたという事です。






category
シギ科

ケリ

先ほど7時30分からのNHKダーウインが来たの番組で、ケリの生態を放送していました。
私もこの番組はお気に入りで、家にいる時は必ず見ています。
ケリについては以前に今回同様子育て時期に、何回か撮影に行ったことがあるので、
急に懐かしく感じました。
プロの映像と素人画像では比べようも有りませんが、最近の長雨で鳥の撮影も困難で
既出分がほとんどですが、撮り貯めたケリの画像を掲載いたします。

DSC_4326-ケリ-B(1)

DSC_3956-ケリ-AB(2)

DSC_3899-ケリ-B(3)ドジョウらしきものをゲットです。

DSC_3646-ケリ-BB(4)自転車オジサンとケリです。

DSC_3776-220418ケリ-BB(5)今度は農家のおばさんとケリです。ケリは俺に近づくなと怒っている様です。

DSC_4201-ケリ-B(6)ケリの母親と2羽の雛です。お母さんが腰を下げて手前の雛を包んで行きます。

DSC_3925-ケリ親子-B(7)撮影場所は変わりますが、上の画像と比べ大きくなった雛3羽と奥にケリの親です。












category
チドリ科

ノビタキ探し

秋の定番のノビタキ探しに、稲刈りの終わった田んぼに行ってみました。
結果は以下の通りです。

DSC_1786-オオヨシキリ-B(1)オオヨシキリ。今の時期は鳴かないので、見つけた時は新鮮に感じました。

DSC_1818-ヨシゴイ-B(2)ヨシゴイ。こちらも想定外な嬉しい出会いでした。

DSC_1819-ヨシゴイ-B(3)

DSC_1810-タシギ-B(4)タシギ。こちらは想定内です。次列風切の先の白班が白い線となっています。
  尾羽は通常14枚と言われていますが、パッと見そんな感じです。

DSC_1813-タシギ-B(5)

DSC_1859-タシギ-B(6)タシギの群れがたまに飛びます。

DSC_1868-モズ-B(7)モズは数が多くなっています。私は今季初撮りです。

DSC_1879-宗岡モズ-B(8)モズの下をチョウチョが飛んでいました。捕まえるかと思いましたが、
  何事も起こりませんでした。
  と言うことで、今回はノビタキとの出会いは有りませんでした。モズが居ついている様で
  ノビタキが嫌って移動しているのかも知れません。









category
シギ科

コアオアシシギ

サルハマシギのいた沼には6,7羽のコアオアシシギの小群もいました。
いつもは端正でスマートな感じのコアオですが、今回は面白パフォーマンスを
見せてくれました。

DSC_1394-コアオアシシギ-AB(1)

DSC_1395-コアオアシシギ-AB(2)

DSC_1457-コアオアシシギ-AB(3)

DSC_1458-コアオアシシギ-AB(4)

DSC_1459-コアオアシシギ-AB(5)

DSC_1462-コアオアシシギ-AB(6)

DSC_1229-コアオアシシギ-AB(7)








category
シギ科

サルハマシギ

稲刈りも終盤となり水を抜いたいつもの沼に、1羽のサルハマシギが来ていました。
サルハマは冬羽に換羽中ですが、お腹にはまだ赤みがあり、夏羽の面影を残していました。

DSC_1124-サルハマシギ-B(1)今年の秋はサルハマシギの話題が多い様に感じます。

DSC_0968-サルハマシギ-B(2)伸びをしました。

DSC_1140-サルハマシギ-B(3)餌ゲットです。

DSC_1670-サルハマシギ-B(4)ジャンプしました。

DSC_1672-サルハマシギ-B(5)上の2カット後です。着地寸前です。

DSC_0767-サルハマシギ-B(6)あ、危ない。セイタカの鋭い嘴が、サルハマの目に刺さったか。
  安心してください。下の水面の影を見ると、両者は随分離れています。

DSC_1695-サルハマシギ-B(7)やんちゃなセイタカのお陰で、サルハマも手前のコアオもびっくりです。

DSC_1464-240508大久保ASサルハマシギ-B(8)既出ですが夏羽の参考画像です。平成24年5月8日。
  田植えが終わったばかりの田んぼに、2羽の綺麗な夏羽のサルハマです。
  








category
シギ科

メジロ

秋らしい木の実と花とメジロです。

DSC_0194-サンゴジュ&メジロ-B(1)サンゴジュの実とメジロです。

DSC_0196-サンゴジュ&メジロ-B(2)黒くなった実を選んで食べています。

DSC_0224-サンゴジュ&メジロ-B(3)これが美味しそうだ。

DSC_0228-サンゴジュ&メジロ-B(4)

DSC_0282-サンゴジュ&メジロ-B(5)どれにしようかな。

DSC_0288-サンゴジュ&メジロ-B(6)実を咥えて逆さの飛び出しです。

DSC_0330-サルスベリ&メジロ-B(7)サルスベリの花とメジロです。
  今日は予報ではほぼ1日雨模様でしたが、雨は降らずたまに青空も出ました。








category
メジロ科

ツツドリ

今頃になってですが、今季も赤色型ツツドリを撮る事が出来ました。
羽衣の色がくすんで幼鳥の様ですが、とりあえず撮れて一安心です。

DSC_9736-ツツドリ-B(1)赤色型ツツドリのファーストカットです。
  青空バックですが青色が気に入りません。

DSC_9755-ツツドリ-B(2)またも空抜けです。雲が多くなってきました。

DSC_9800-ツツドリ-B(3)柳の木の止まりました。大きな毛虫を咥えています。

DSC_9872-ツツドリ-B(4)バランスを崩したのか、一瞬翼を持ち上げました。

DSC_0145-ツツドリ-B(5)飛び出し寸前です。予想外の方向に飛び出し、次のカットはお尻でした。

DSC_7964-ツツドリ-B(6)普通型です。

DSC_7982-ツツドリ-B(7)至近で枝移りです。

DSC_0162-コサメビタキ-B(8)やぶ蚊が多いので遠慮していた森の中に初めて入りました。
   出迎えてくれたのはコサメビタキでした。







category
カッコウ科

沼と田んぼ

9月に入っても相変わらずの猛暑です。鳥はと言うと、平地の森にもキビタキ、サンコチョウ、
ムシクイ等が入り始めている様です。
森に入るには蚊対策が必須なので、気軽に行ける水鳥に自然と足が向いてしまいます。

DSC_9082-タシギ-B(1)水の入った休耕田にはタシギがいました。顔の赤みが強いので幼鳥のようです。

DSC_9083-タシギ-B(2)餌探しです。10cm近い嘴を根元まで水中に差し込んでいました。

DSC_9485-コアオアシシギ-B(3)沼です。定番のセイタカの足元に小さくコアオアシシギです。
  今年はコアオをよく見ます。

DSC_9492-コアオアシシギ-B(4)

DSC_9673-コアオアシシギ-B(5)コアオの群れが飛びました。画像は4羽ですが全部で5、6羽いました。

DSC_9518-セイタカシギ-B(6)セイタカの井戸端会議みたいです。

DSC_9644-オグロシギ-B(7)オグロシギも2羽いました。右が翼を上げたので黒い尾羽が見えています。

DSC_9170-オグロシギ-B(8)遠いので思いっきり拡大すると、オグロは夏羽から冬羽に換羽中です。
  この秋戻りのシギチは少ない感じでしたが、幼鳥よりも換羽中の個体が目に付きました。










category
シギ科

オオタカ

渡りのサシバでも飛ばないかと思って、いつもの河原に行ってみました。
朝方数羽飛んだ様でしたが、私が出会ったのは居つきのオオタカ幼鳥のみでした。

DSC_8644-オオタカ-B(1)河原の中州の柳?の木に止まるオオタカです。

DSC_8663-オオタカ-B(2)ここでは狩りの真似事みたいなシーンを何回か見ました。
  画像はオオタカのすぐ近くに止まったセキレイを追い、当然失敗して枝に戻る所です。

DSC_8813-オオタカ-B(3)河原の水面に近い流木に止まって、辺りを見回すオオタカです。

DSC_8841-オオタカ-B(4)飛び出しましたが後向きです。残念ながら顔が見えません。

DSC_8673-オオタカ-B(5)近くを飛んだ時の画像です。ここがメインの狩場になってくれたら嬉しいのですが。

DSC_9244-280731多摩川モズ-B(6)少し前の画像ですが、月見草に止まるボロボロな羽衣の鳥です。
  拡大してみると嘴が黄色いので、モズ幼鳥の超夏個体のようです。

DSC_9260-モズ-B(7)平地でもモズの越夏個体はいる様ですが、今まで遭遇機会が無かったので
   新鮮な驚きでした。






category
タカ科

最近の成果

秋のシギチを求めて近場の田んぼを回っていますが、この夏の台風の進路に象徴される
異常気象の影響でしょうか、種類、数共に例年に比べ極端に少ない様に感じます。
すでに田んぼでは稲刈りの準備のため水を抜いたり、刈り入れが進んでいる所もあります。
このままシーズン終了となれば、シギチファンにとっては寂しい限りです。

DSC_7448-クサ、タカブ-B(1)中央にクサシギ2羽、右にタカブ2羽、左手前がコアオアシです。

DSC_6979-クサシギ-B(2)クサシギが翼を持ち上げました。翼下面が黒いのがタカブとの違いです。

DSC_7737-タカブシギ-B(3)タカブは今の時期は幼鳥がほとんどですが、これは成鳥のようです。

DSC_7669-コアオアシ&タカブ-B(4)手前コアオアシと後ろがタカブです。一見同じ様に見えています。

DSC_7309-ムナグロ-B(5)ムナグロの群れが目の前に降り立ちました。

DSC_8497-タマシギ-B(6)今頃になってタマシギ今季初撮りです。♂も居ましたが良い所出ませんでした。





category
シギ科