Entry Navigation

メリケンキアシシギ

4年ぶりのメリケンキアシシギを撮りに、千葉県まで行ってきました。
前回は潮の状態が悪く鳥はほとんで動かずで、同じような絵ばかり撮って帰りました。
今回は餌取り等動きある絵を期待しましたが、潮の下調べ無しの訪問でまたも撃沈でした。

DSC_2357-メリケンキアシ-B(1)メリケンはあまり人を恐れ無い様で、静かに寄れば短いレンズでも十分です。

DSC_2070-メリケンキアシシギ-B(2)この日は潮回りが悪く、海面の変化がほとんど有りません。
  海水が引かないのでフナムシ等の餌取りが出来ず、しゃがみ込んで暇つぶしです。

DSC_1884-メリケンキアシ-B(3)運よく撮れた右のキアシシギとのツーショットです。嘴の色が違います。

DSC_2413-メリケンキアシ-B(4)伸びをしています。

DSC_2237-メリケンキアシ-B(5)慣れない一脚での撮影です。動かないメリケンに根負けして目を離した時に飛んだりして、
  動きのある絵がほとんど撮れません。





スポンサーサイト
category
シギ科

カッコウⅡ

前回のジュウイチに続き、カッコウの再度登場です。

DSC_1335-カッコウ-B
(1)縦位置で飛び出しを狙います。

DSC_1337-カッコウ-AB(2)枝に飛びつきです。止まる枝がいくつもあるので、鳥を追う必要があます。

DSC_1338-カッコウ-B(3)ジュウイチを含めカッコウ科の鳥の尾羽は10枚の様です。猛禽は12枚がほとんどです。

DSC_1399-カッコウ-B(4)カッコウ、カッコウと鳴いています。

DSC_1462-カッコウ-B
(5)縦位置でも撮ります。

DSC_1473-カッコウ-B(6)飛び出した次のカットです。まだ尾羽を開いていて、足も出ています。





category
カッコウ科

先日山の樹林帯で出会った鳥たちです。

DSC_0492-ヒガラ-B
(1)ヒガラがカラマツのマツボックリに乗っかって囀っていました。

DSC_0503-ヒガラ-B(2)高山では普通の地味な鳥ですが、マツボックリ絡みで記念に1枚です。

DSC_0546-ビンズイ-B
(3)マツの天辺にいたビンズイです。陽炎がひどくてピントがきません。

DSC_0192-ジュウイチ-B
(4)マツの中腹に何やら赤っぽいお腹の鳥がいます。

DSC_0147-ジュウイチ-B
(5)拡大するとこんな感じです。










category
カッコウ科

アマサギ

今の時期田んぼの定番アマサギです。

DSC_8648-アマサギ-B(1)ノビル?の高く伸びた茎の先の白い花とアマサギです。
   地面付近に咲く白い花は何でしょう。こちらも調べましたが良く分かりません。

DSC_9843-アマサギ-B(2)2羽で餌を探すアマサギです。

DSC_9707-アマサギ-B(3)婚姻色が出て綺麗に着飾ったアマサギを探しますが、なかなか出会えません。
   画像では嘴の根元が少し赤味を帯びた程度です。

DSC_9904-アマサギ-B(4)飛び出しです。

DSC_9920-270520越谷アマサギ-B(5)空抜け画像なので、バックに送電線を入れました。

DSC_9573-タカブシギ-B
(6)おまけの画像です。稲の植った田んぼの中にいたタカブシギです。





category
サギ科

トウネン

水を張った田植え前の田んぼに、夏羽になったトウネンがいました。

DSC_9448-トウネン-B(1)トウネンは3羽いました。いずれも綺麗な夏羽です。

DSC_9456-トウネン-B(2)静かにしていると段々近づいてきました。

DSC_9109-トウネン-B(3)さらに近づきました。

DSC_9097-トウネン-B(4)至近で餌取りをはじめました。
  嘴を水中に突っ込んだ反動で水飛沫が上がり、思わず目を閉じています。

DSC_9141-トウネン-B(5)こんどは泥が水面に出た所で餌を探しています。

DSC_9270-トウネン-B(6)餌ゲットです。PCで拡大してみると、水生昆虫の幼虫の様でした。

DSC_9474-トウネン-B(7)羽を開いたパフォーマンスを見せてくれました。脇や胸から下の胴体は真っ白です。








category
シギ科

カッコウ

芦原が残る田んぼもカッコウの季節となりました。

DSC_8730-カッコウ-B(1)遠くのカッコウ。

DSC_8862-カッコウ-B(2)やや遠くのカッコウ。

DSC_8772-カッコウ-B(3)近くのカッコウ。

DSC_8800-カッコウ-B(4)喉を膨らませてカッコウ、カッコウと鳴くカッコウ。

DSC_8834-カッコウ-B(5)飛び出したカッコウ。

DSC_8835-カッコウ-B(6)飛び出した後のカッコウ。





category
カッコウ科

フクロウ2種

フクロウ科2種見てきました。

DSC_7313-フクロウ-B(1)最初はフクロウの雛です。
   訪問が遅く1羽しか見れませんでしたが、相変わらず可愛いです。

DSC_8121-トラフズク-B(2)次はトラフズクでした。
  こちらは雛の時は顔面が黒く大人びていますが、オレンジ色の虹彩が愛くるしいです。

DSC_8488-フクロウ-B(3)上の(1)(2)では親がうまく撮れなかったので、近場でフクロウの親の撮り直しです。

DSC_8521-フクロウ-B(4)フクロウが向きを変えました。

DSC_8577-フクロウ-B(5)上と同じ枝ですが後向きになりました。顔は見返りと言うか180度首が回っています。









category
フクロウ科

サシバ

最近は小鳥ばかり追いかけていて、猛禽の撮影機会がほとんど有りませんでした。
久し振りに撮りに行ったサシバの画像10連発です。

DSC_7840-サシバ-B(1)電柱に止まったサシバです。白く鮮明な媚斑があるので♀でしょうか。

DSC_7860-サシバ-B(2)体を膨らませました。目が辛うじて写っています。

DSC_7949-サシバ-B(3)木製の電柱に飛びつく後姿が撮れました。
   サシバの初列風切は10枚かと思っていましたが、画像では9枚しか写っていませんね。

DSC_7747-サシバ-B(4)サシバの餌取りシーンです。何を狙ったのでしょうか。
   カエル、ヘビ、カナヘビ、昆虫とグルメな様ですが、餌撮りは今一迫力に欠けます。

DSC_8067-サシバ-BB(5)遥か遠くの飛び出しです。その1

DSC_8068-サシバ-B(6)その2

DSC_8069-サシバ-B(7)その3

DSC_7918-サシバ-B(8)緑バックの水平飛行です。真っ平でピント厳しいです。

DSC_8084-サシバ-B(9)空抜けですが近くを飛んでくれました。左の翼が傷んでいる様です。

DSC_8089-サシバ-B(10)最後の画像です。















category
タカ科

センダイムシクイ

春の渡りの定番センダイムシクイの今季初撮りです。
例年4月中旬には撮影しているので、約一月遅れとなりました。
センダイは地元を通過するムシクイの代表選手なので、今年もゲット出来てほっとしています。

DSC_7502-センダイムシクイ-B(1)相変わらず高い所でちょこまかしているので非常に撮り辛いです。

DSC_7402-センダイムシクイ-B(2)鳥の後頭部に何とか頭央線が見えています。

DSC_7447-センダイムシクイ-B(3)ジャンプーーーー。

DSC_7468-センダイムシクイ-B(4)もう一つジャンプーーーー。

DSC_7469-センダイムシクイ-B(5)餌をゲットでしょうか。

DSC_7456-センダイムシクイ-B(6)鳥の名前の通り、葉っぱについたイモムシを食べていました。





category
ウグイス科

鳥いろいろ

今年初めて山の方に行ってみました。
春は遅い様で木々は葉っぱが少し開いた程度の所もあり、鳥の動きも今一の感じでした。
撮影した順序に画像掲載いたします。

DSC_6292-コサメビタキ-B(1)最初に撮影できたのはコサメビタキでした。
   丹念に追いかければ、営巣状況が確認できたかもしれませんが今回はパスです。

DSC_6395-キビタキ-B(2)キビタキ♂若い様です。2羽のキビタキが盛んに追いかけっこをしていました。

DSC_6504-キビタキ-B(3)キビタキ♀

DSC_6507-クロツグミ-B(4)クロツグミ♀。ツツジ絡みを撮りたくて粘りましたが、この画像が限度でした。

DSC_6695-クロツグミ-B(5)クロツグミ♂。

DSC_6717-コマドリ-B(6)コマドリ♀。

DSC_6793-コマドリ-B(7)コマドリ♂。この場所には他にも数種期待して行きましたが全くダメでした。
   少し時間をおいて再チャレンジが必要な様です。










category
ヒタキ科

チュウシャクシギ

田んぼのシギチ探しです。
いろいろと期待しましたが、会えたのは定番のチュウシャクシギだけでした。

DSC_6150-チュウシャクシギ-B(1)チュウシャクシギが田んぼの畔にいました。

DSC_6191-チュウシャクシギ-B(2)今まであまり意識した事が有りませんでしたが、しっかりした頭央線、頭側線が有ります。

DSC_6221-チュウシャクシギ-B(3)ピン甘になってしまいましたが、飛び物これしかないので載せます。
   翼の表も裏も胴体も超地味系です。

DSC_6240-チュウシャクシギ-B(4)2羽のチュウシャクとその間に2羽のムナグロです。

DSC_6275-チュウシャクシギ-B(5)無理矢理に花を絡めて1枚です。
   ネットで調べた俄か知識では、花はハルジオンとオニタビラコでしょうか。


category
シギ科

マミジロ

今年もマミジロを見ることが出来ました。

DSC_5338-マミジロ-B(1)

DSC_5091-マミジロ-B(2)

DSC_5206-マミジロ-B
(3)


category
ヒタキ科

今日の1枚

今の時期ごく少数の鳥見人に人気の、木止まりヤブサメの囀りシーンです。

DSC_4513-ヤブサメ-B
category
ウグイス科