Entry Navigation

続ミヤマホオジロ

最近撮る鳥が同じようなものばかりですが、ロケーションを変えたり行動観察等で
写欲を掻き立てています。

DSC_2183-ミヤマホオジロ-B(1)水浴び

DSC_2184-ミヤマホオジロ-B(2)

DSC_2062-ミヤマホオジロ-B(3)

DSC_2338-ミヤマホオジロ-B(4)細枝止まり

DSC_2444-ミヤマホオジロ-B(5)

DSC_2507-ミヤマホオジロ-B
(6)ガラッと雰囲気を変えました。





スポンサーサイト
category
ホオジロ科

ベニマシコⅢ

ヤナギとベニマシコを撮りたくて、勝手知ったる芦原に再度出かけました。

DSC_1392-ベニマシコ-B
順光サイドでしばらく待つと、計算通りベニマシコがやってきました。

DSC_1420-ベニマシコ-B
横を向いてポーズをとってくれました。ヤナギの新芽を口いっぱい頬張っています。

DSC_1478-ベニマシコ-B枝移りしました。抜けた所を探してこちらも移動します。

DSC_1485-ベニマシコ-Bベニマシコは木々の芽吹きを追うように、少しづつ行動範囲も変わっていく様です。

DSC_1104-オオジュリン-Bおまけの画は今季初撮りのオオジュリンです。よく分かりませんが♀でしょうか。
デジタルになって頭の黒い♂をまだ撮っていませんが、関東近辺では難しいかもですね。




category
アトリ科

河原散歩

春の陽気に誘われて、久し振りに河原を歩いてみました。
撮れた鳥を撮影順に掲載いたします。

DSC_0922-ノスリ-B(1)いきなり出迎えてくれたのはノスリでした。猛禽はこの他遠くのチョウゲンとトビだけでした。
  サギらしい食痕も2か所で見たので、オオタカも大いに期待しましたがダメでした。

DSC_0933-タヒバリ-B(2)タヒバリは芝生の様になっている所に多くいました。

DSC_0975-セグロカモメ-B(3)カモメの仲間はセグロカモメが1羽だけいました。

DSC_0982-カワウ-B(4)カワウが大きな木の枝を咥えて泳いでいました。巣材にするのでしょうか。
  水鳥はその外ヒドリガモ、オオバン、カイツブリ、カンムリカイツブリ等がいました。

DSC_1027-ホオジロ-B(5)ホオジロも沢山いました。

DSC_1029-カシラダカ-B(6)カシラダカです。数はいても地面に降りていて分かり難いです。

DSC_1070-ホオアカ-B(7)メインが無くて少し寂しいなと感じていた頃に、運よくホオアカと出会いました。
  ホオアカは地味ですが、冬の河原では主役級です。








category
その他

思い出のコイカル

今季はあちこちでコイカルの話題をよく耳にします。
私の近所の公園もケヤキの大木やモミジが多く、例年アトリ系が多く集まります。
当然イカルやコイカルも入ると期待しましたが、今年はどういう訳かさっぱりです。
しかし、遠くまで出かけて撮るのも大変なので、過去の撮影分でガマンです。

DSC_1241-コイカル-B(1)モミジとコイカル

DSC_2882-コイカル-B(2)モミジと緑とコイカル

DSC_5572-コイカル-B(3)枝垂桜とコイカル

DSC_7631-コイカルNT-B(4)染井吉野とコイカル

DSC_8374-コイカルⅤ-B(5)山桜とコイカル







category
アトリ科

ニュウナイスズメ

 田んぼを歩いていると電線に何か止まったので、双眼鏡で確認してみると
ニュウナイスズメでした。

DSC_0668-ニュウナイスズメ-B(1)♂です。

DSC_0644-ニュウナイスズメ-B(2)タダスズメみたいに見えています。

DSC_0637-ニュウナイスズメ-B(3)♀です。

DSC_0648-ニュウナイスズメ-B(4)この個体だけ見ると一瞬何だか分かりません。

DSC_5111-ニュウナイスズメ-B
(5)おまけの画像です。今年もあと2か月足らずで、楽しみな桜の季節がやってきます。





category
ハタオリドリ科

ミヤマホオジロ

約1か月ぶりにミヤマホオジロを見に行ってきました。
春の気配を感じているのでしょうか。ミヤホの囀りも聞けました。

DSC_0448-ミヤマホオジロ-B(1)今回も諸事情により至近画像となりました。

DSC_0306-ミヤマホオジロ-B(2)よく冠羽をあげてくれます。背中に陰が入っています。

DSC_0507-ミヤマホオジロ-B(3)なかなかイメージ通りにはいきません。だから何回も通うのでしょうか。

DSC_9832-アオバト-B(4)おまけのハトです。上部に人工物が写っていたのでトリミングです。





category
ホオジロ科

ベニマシコⅡ

前回赤い鳥を撮ったので、今季未見の黄色い鳥のマヒワに標準を合わせて
ハンノキのところでスタンバイしました。
しかし現れる気配がないので、午後からは久しぶりに鳥を探して葦原を歩きました。
結局たどり着いたのは、例年ベニマシコを見る柳や葦の生えた湿地でした。
しばらく待つと、ベニマシコの鳴き声が聞こえました。

DSC_9377-ベニマシコ-B
(1)柳の新芽を食べるベニマシコです。

DSC_9400-ベニマシコ-B
(2)鳥の重みで柳の小枝が横に傾きました。

DSC_9406-ベニマシコ-B
(3)同じような絵柄ですが、今日の成果はベニマシコだけです。

DSC_9446-ベニマシコ-B
(4)ベニマシコが場所移動をしました。しかし余り良い所ではありません。
  まだまだ撮影チャンスは有りますので、再度訪問したいと思います。



category
アトリ科

ベニマシコ

久しぶりにベニマシコが撮れました。

DSC_8784-ベニマシコ-B
(1)

DSC_8816-ベニマシコ-B
(2)

DSC_8914-ベニマシコ-B
(3)


category
アトリ科

ラブラブ

公園を歩いていると、春を先取りしたシーンを見ることができました。

DSC_8328-ホンセイインコ-B(1)聞き慣れない声がするので近寄ってみると、ラブラブなホンセイインコに出会いました。

DSC_8405-ホンセイインコ-B(2)いつも寄り添って仲がいいです。
  詳しい事は分かりませんが大きさから判断して、左が♀で右が♂でしょうか。

DSC_8417-ホンセイインコ-B(3)羽繕いをしてもらって目をつぶりウトウトする♀です。

DSC_8447-ホンセイインコ-B
(4)ホンセイインコはが外来種ですが、すっかり市民権を得たようです。

DSC_8375-ホンセイインコ-B
(5)翼や尾羽を開いてストレッチをする♂です。中央尾羽の二本が突出して長いです。

category
外来種

ウソ

今日の1枚、ヤマモミジとアカウソです。

DSC_8283-山モミジウソ-B
category
アトリ科

アメリカコガモ

前回のアメリカコガモは曇天の中での撮影でしたので、晴れの日を選んで再度の
撮影となりました。

DSC_5815-アメリカコガモ-B(1)アメリカコガモの正面顔です。両脇の白班が特徴的です。

DSC_5920-アメリカコガモ-B(2)グリーンのラインが後頭部まで続いています。

DSC_5820-アメリカコガモ-B(3)斜めからの絵です。

DSC_5822-アメリカコガモ-B(4)横顔です。

DSC_5835-アメリカコガモ-B(5)本日のメーンイベントです。
  グリーンの後頭部に短い羽が生えています。今回初めて気が付いて、新鮮な驚きです。

DSC_5345-220424八津アメリカコガモ-B(6)既出ですが、おまけの画像です。縦横にj白斑のある個体です。









category
カモ科

アトリ

降雪から二日遅れで雪絡みの絵を撮りに、近所の公園に行ってきました。
当然ながら雪はほとんど溶けていました。

DSC_6871-アトリ-B(1)無理矢理の雪とアトリです。地面に落ちたケヤキの実を食べています。
  アトリの口の中が泥にまみれて真っ黒です。まるでセッカみたいです。

DSC_6984-アトリ-B(2)2羽です。

DSC_6937-アトリ-B(3)6羽です。

DSC_3378-アトリ-B(4)群れです。この公園はケヤキの大木が多く、多い年は100羽位入ります。

DSC_7251-アトリ-B(5)木止まりも撮れました。



category
アトリ科