Entry Navigation

アトリ

レンジャクが水を飲みに来ていた小川には、アトリの小群も来ていました。
アトリに関しては2年前のちょうど今頃、何万の大群を見に栃木県に行った
事を思い出しました。

DSC_1405-アトリ-B(1)小川の近くのゴチャゴチャした所にいたアトリです。近隣では3年振りです。

DSC_1499-アトリ-B(2)アトリも水を飲みに小川に来ました。レンジャクに比べ静かに水を飲みます。

DSC_1502-アトリ-B(3)♂の冬羽で頭がごま塩です。

DSC_1536-アトリ-B(4)こちらは♀の若い個体でしょうか。よく分かりません。

DSC_1542-アトリ-B(5)小川の周りにはアトリの好物の、エノキの大木がいくつも有るので、
   今の時期地べたに落ちた実を求めて来ていると思われます。



スポンサーサイト
category
アトリ科

河原散歩Ⅴ

なかなか遠出も出来ないので、いつもの河原散歩です。

DSC_4867-イカル-B(1)まずはイカルです。20羽ほどの群れがいつものエノキの実を食べに来ます。

DSC_4868-イカル-B(2)大口を開けてわずかに木の枝に残った実をフライングキャッチです。

DSC_4870-イカル-B(3)実を咥えたところを大きくトリミングです。

DSC_4711-シメ-B(4)久し振りにコイカル♀発見かと思いましたが、残念ながらシメでした。

DSC_5307-ジョウビタキ-B(5)ジョウビタキ♂も遊んでくれました。

DSC_5360-ジョウビタキ-B(6)いつもは猛禽主体に上空ばかり見ていますが、ほとんど気配がないので小鳥相手です。

DSC_5379-ジョウビタキ-B(7)風雨に晒されてほとんど原形を留めないガマの穂?とジョウビです。

DSC_4957-ノスリ♂幼鳥-B(8)猛禽と言えば辛うじてノスリです。
   膨らんだ脛毛に褐色の横斑がうっすら数本見えています。
   また虹彩は暗色ではないので、若い♀かも知れません。



category
アトリ科

春のベニマシコⅡ

春のベニマシコの2回目は、エノキの新芽を食べるベニマシコです。

DSC_2315-ベニマシコ-B(1)

DSC_5266-ベニマシコ-B(2)

DSC_5366-ベニマシコ-B(3)

DSC_5803-ベニマシコ-B(4)

DSC_5907-ベニマシコ-B(5)

DSC_5912-ベニマシコ-B(6)




category
アトリ科

春のベニマシコ

地べたに降りて春の草花の芽を食べるベニマシコです。
今の時期木の新芽を食べるのは定番ですが、地べたの草花を食べるシーンは
初めて見ました。

DSC_2391-ベニマシコ-B(1)春の草花を夢中で食べていました。

DSC_2406-ベニマシコ-B(2)ほとんど夏羽です。

DSC_2430-ベニマシコ-B(3)尾をピンと伸ばしています。

DSC_2716-ベニマシコ-B(4)草花に囲まれてピクニックでしょうか、それともかくれんぼ。

DSC_2577-ベニマシコ-B(5)涙目と白い3枚の外側尾羽です。










category
アトリ科

ベニマシコ

いつもの公園は例年に増して鳥影が少ないですが、旬の餌を求めて移動中の
ベニマシコは、よく姿を見せてくれました。

DSC_6867-ベニマシコ-B(1)半逆光でしたが、顔が潰れてないものを選びました。

DSC_6949-ベニマシコ-B(2)好物のイノコヅチを食べに来ました。枝移りの瞬間を狙います。

DSC_7035-ベニマシコ-B(3)贅沢に♂3羽です。画像の上が詰まってしまいましたが、飛び出しも
入っています。

DSC_6926-ベニマシコ-B(4)嬉しい事に真冬のこの時期に、緑バックで止まってくれました。

DSC_6933-ベニマシコ-B(5)緑バックの飛び出しも撮れました。











category
アトリ科