Entry Navigation

シロハラクイナ

いつもの田んぼで超久し振りのシロハラクイナです。

DSC_2122-シロハラクイナ-B(1)当地では11年振りのシロハラクイナ撮影です。

DSC_1944-シロハラクイナ-B(2)

DSC_1963-シロハラクイナ-B(3)花を入れて1枚です。

DSC_1691-シロハラクイナ-B(4)ムクドリとツーショットです。

DSC_1852-シロハラクイナ-B(5)採餌シーンです。

DSC_1883-シロハラクイナ-B(6)餌取りの時はいつも尾羽を上げていました。

DSC_1906-シロハラクイナ-B(7)飛翔シーンその1です。

DSC_1908-シロハラクイナ-B(8)その2です。

DSC_1920-シロハラクイナ-B(9)その3です。

DSC_2074-シロハラクイナ-BB(10)参考画像です。どう言う訳かクイナ科の雛は黒いです。




























スポンサーサイト
category
クイナ科

セイタカシギ

ソリハシセイタカシギがいた休耕田にはセイタカシギもいました。

DSC_7132-セイタカシギ-B
(1)セイタカシギのペアです。上面が黒い手前が♂です。

DSC_6951-セイタカシギ-B(2)抱卵中のものもいました。

DSC_6975-セイタカシギ-B
(3)バックにハルジオンです。

DSC_7046-セイタカシギ-B(4)水を張った休耕田のど真ん中で営巣です。
   こんな目立つところでオオタカ、ハヤブサ等の猛禽に狙われないかと心配です。

DSC_7048-セイタカシギ-B(5)拡大してみると巣の中には卵が3つ見えます。

DSC_7295-セイタカシギ-B(6)飛び物も1枚載せておきます。

DSC_8816-セイタカシギ-B(7)以前に別の場所で撮影ですが、もう暫くするとこんな姿が見えるかも知れません。













category
セイタカシギ科

ソリハシセイタカシギ

1羽のソリハシセイタカシギが、水の張った休耕田に飛来していました。

DSC_7170-ソリハシセイタカシギ-B(1)休耕田でのソリハシセイタカシギの撮影は初めてです。バックが緑で鳥が映えます。

DSC_7022-ソリハシセイタカシギ-B(2)餌取りの様子です。先の反った嘴を小刻みに左右に振り、餌を探します。

DSC_6549-ソリハシセイタカシギ-B(3)伸びをしました。ほぼ正面でしたが、反り返った嘴が分かります。
   以下は動きの有る画像になります。

DSC_7302-ソリハシセイタカシギ-B(4)飛び出しです。

DSC_7305-ソリハシセイタカシギ-B(5)着水です。

DSC_7424-ソリハシセイタカシギ-B(6)同じ休耕田にいるセイタカシギとのバトルです。

DSC_7279-ソリハシセイタカシギ-B(7)ソリハシセイタカに比べ、体格の劣るセイタカが圧倒しています。
  そこにはそれなりの理由があるようです。

DSC_7448-ソリハシセイタカシギA-B(8)これからの3画像は一連の飛翔シーンです。

DSC_7466-ソリハシセイタカシギ-B(9)空抜けです。

DSC_7479-ソリハシセイタカシギ-B(10)休耕田に戻ってきました。



















category
セイタカシギ科

エリマキシギ

田植えの時期の田んぼに、夏羽のエリマキシギが1羽いました。

DSC_5784-エリマキシギ-B(1)夏羽♂の個体は羽衣の変化の個体差が大きいです。この個体は黒っぽい。

DSC_6053-エリマキシギ-B(2)首の飾り羽がまだ見当たりません。

DSC_6098-エリマキシギ-B(3)田植えの終わった田んぼを歩いています。

DSC_5410-エリマキシギ-B(4)餌ゲットです。

DSC_5294-エリマキシギ-B(5)正面向きで羽繕いを始めました。首の羽が逆立っていますが、飾り羽は無い様です。

DSC_5347-エリマキシギ-B(6)体をブルブル振るわせました。頭や首の羽毛が、まるでバファローの様です。

DSC_6126-エリマキシギ-B(7)

DSC_6007-エリマキシギ-B(8)以下の3画像はお約束の飛び物です。まずは下面です。

DSC_6015-エリマキシギ-B(9)

DSC_6021-エリマキシギ-B(10)着水態勢に入りました。今度は上面がしっかりと見えています。










category
シギ科

再びのツバメチドリ

近隣では滅多に見られないツバメチドリが、またも私の日常行動圏の田んぼに
現れました。
春のツバチは嘴に赤い紅をさし、見た目の美しさと共に、空中で飛んでいる虫等を
捕食する、チドリ仲間としては独特な採餌方法で、鳥好きには人気が高いです。

DSC_4964-ツバメチドリ-B(1)田起こしの終わった田んぼで休むツバチです。
  今季2度目の嬉しい出会いとなりました。

DSC_4959-ツバメチドリ-B(2)

DSC_5200-ツバメチドリ-B(3)

DSC_4712-ツバメチドリ-B(4)撮影は雨上がりの午後です。
   少し暗めな天気で、鳥の色が田んぼの色に同化して、鳥を見失う事も有りました。

DSC_4713-ツバメチドリ-B(5)次のカットです。羽を広げて着地姿勢に入っています。

DSC_5113-ツバメチドリ-B(6)今度はカメラの位置からほぼ正面に飛んで来ています。

DSC_5087-ツバメチドリ-B(7)別の場面ですが、翼を立て、足を前に出して着地寸前です。

DSC_4872-ツバメチドリ-B(8)これからの3画像は空抜けの飛び物です。
  ツバチが真上近くを飛んで行きました。三脚撮影のほぼ限界です。

DSC_4880-ツバメチドリ-B(9)右向きです。

DSC_4913-ツバメチドリ-B(10)今度は左の方に飛んで行きます。










category
ツバメチドリ科