Entry Navigation

早春の海 その3

早春の海の3回目は、ミツユビカモメです。
今季はミツユビカモメの飛来が多い様で、若い個体も見る事が出来ました。

DSC_1438-ミツユビカモメ-B(1)まずは定番の成鳥冬羽です。

DSC_1474-ミツユビカモメ-B(2)2羽です。

DSC_1459-ミツユビカモメ-B(3)飛び物です。

DSC_1508-ミツユビカモメ-B(4)背面です。

DSC_0765-ミツユビカモメ-B(5)嘴が黒いので第1回冬羽と思われます。

DSC_1519-ミツユビカモメ-B(6)これからの3画像は第1回夏羽と思われる個体です。

DSC_1743-ミツユビカモメ-B(7)やっとフレームに収まるくらいの近くを飛びました。黄色い嘴と黒い先端です。

DSC_1837-ミツユビカモメ-B(8)背面を見せました。黒いラインがМ字形に見えます。








スポンサーサイト
category
カモメ科

タシギ

近くの池に越冬タシギが来ていました。

DSC_4090-タシギ-B(1)2月も半ばを過ぎ、青々とした春の芽吹きの中で餌を探すタシギです。

DSC_4098-タシギ-B(2)長い嘴を地中深く突っ込んで餌を探します。

DSC_4131-タシギ-B(3)大きなミミズをゲットです。

DSC_4140-タシギ-B(4)あまりの大きさになかなか飲み込めません。

DSC_4165-タシギ-B(5)大きなミミズを平らげた後、休むことなく次の餌探しです。
  次に見つけたのは、少しわかり難いですがザリガニの子供です。

DSC_4172-タシギ-B(6)こちらの絵の方が分かり易いですね。

DSC_4212-タシギ-B(7)美味しい食事の後はのんびりと羽繕いです。
  こちらは尾羽全開を期待しましたが、尾羽は開きませんでした。






category
シギ科

いつものシギチ

いつもの沼にはその他のいつものシギチがいました。

DSC_3611-イカルチドリ-B(1)まずはイカルチドリです。
  留鳥として普通にいるので撮影パスすることが多いですが、夏鳥のコチドリより
  数は少ない様です。

DSC_3612-イカルチドリ-B(2)上と連続次のカットです。
  大口を開けているので餌でも写っていないかと期待しましたが、残念でした。

DSC_3706-イカルチドリ-B(3)捕食のシーンを撮りたくて、チャンスを待ちました。
  しかしこの場所は泥地で、嘴もゲットした餌も真っ黒で、餌の種別不明でした。

DSC_3697-イカルチドリ-B(4)図鑑写真みたいなポーズです。
  頭を持ち上げているので胸の黒色部が淡くみえます。♀か幼鳥か?

DSC_3733-イカルチドリ-B(5)この個体は前頭や胸の黒が色濃く残っています。♂かな。

DSC_0512-イソシギ-B(6)イソシギもいました。この鳥も1年中います。餌を探していました。

DSC_0530-イソシギ-B(7)身近な鳥ですが繁殖の様子見たことありません。
  何時かは親子の給餌など見てみたいものです。









category
チドリ科

オジロトウネン

いつもの沼に越冬オジロトウネンがいました。

DSC_3797-オジロトウネン-B(1)オジロトウネンは2羽いました。

DSC_3802-オジロトウネン-B(2)2羽は羽衣の色が違うようなので、同じ様な横並びの絵です。
  奥の方が色が濃く見えます。理由がよく分からないので、個体差にしておきます。

DSC_3823-オジロトウネン-B(3)嘴の先端近くに獲物が見えていますが、小さくて何だか分かりません。

DSC_4019-オジロトウネン-B(4)餌探しです。

DSC_3982-オジロトウネン-B(5)1羽飛んで来て全部で3羽になりました。
  秋には幼鳥をよく見かけますが、今の時期は冬羽になっているのでしょうか。







category
シギ科

タゲリ

短く草を刈って芝生の様な所にタゲリがいました。

DSC_0230-タゲリ-B(1)上面の金属光沢が魅力です。

DSC_0309-タゲリ-B(2)車内からの撮影で真近で撮れました。

DSC_0294-タゲリ-B(3)正面顔は何だか良く分かりません。

DSC_0038-タゲリ-B(4)地べたに嘴を突っ込んで餌を探すタゲリです。

DSC_0039-タゲリ-B(5)餌ゲットです。捕らえたのは好物のミミズの様です。

DSC_0369-タゲリ-B(6)足を翼の中に入れています。

DSC_0363-タゲリ-B(7)小さく伸びをしている様でした。

DSC_0422-タゲリ-B(8)軽く飛んで尾羽が見えました。先端は黒く、その前に白帯、腰がオレンジ色です。




category
チドリ科