Entry Navigation

ラブラブ

公園を歩いていると、春を先取りしたシーンを見ることができました。

DSC_8328-ホンセイインコ-B(1)聞き慣れない声がするので近寄ってみると、ラブラブなホンセイインコに出会いました。

DSC_8405-ホンセイインコ-B(2)いつも寄り添って仲がいいです。
  詳しい事は分かりませんが大きさから判断して、左が♀で右が♂でしょうか。

DSC_8417-ホンセイインコ-B(3)羽繕いをしてもらって目をつぶりウトウトする♀です。

DSC_8447-ホンセイインコ-B
(4)ホンセイインコはが外来種ですが、すっかり市民権を得たようです。

DSC_8375-ホンセイインコ-B
(5)翼や尾羽を開いてストレッチをする♂です。中央尾羽の二本が突出して長いです。

スポンサーサイト
category
外来種

コジュケイ

何年ぶりかにコジュケイです。
コジュケイは近時の日本産鳥種の分類の変更により、野鳥としての地位を
剥奪されてしまったようですが、姿、形、鳴き声は今までと全く同じです。
今の時期♂は縄張りも持ち、侵入者と激しく争います。

DSC_2530-コジュケイ-B縄張りを持つ♂の所に別の♂が入ってきました。
コジュケイの♂♀は同色ですが、蹴爪の有無で見分けられます。

DSC_2531-コジュケイ-B2羽はにらみ合いの末、戦闘モードに入っていきます。

DSC_2521-コジュケイ-B空中に飛び上がり威嚇します。

DSC_2529-コジュケイ-B不意を衝かれて一瞬たじろんだ侵入者ですが、しっかりと応戦体勢に入ります。

DSC_2522-コジュケイ-Bしかし上からの攻撃には叶いません。蹴爪を立てて襲いかかります。

DSC_2533-コジュケイ-B激しいバトルが始まりました。
実際に顔を攻撃されて、血を流しているのを見たことがあります。
画像では両者とも嘴に、相手の羽毛を咥えているのが分かります。

DSC_2533-コジュケイA-B上と同じ画像ですが大きくトリミングしてみました。
こちらの方が羽毛咥えている様子が分かりやすいでしょうか。







category
外来種

ソウシチョウ

今日はソウシチョウです。
ソウシチョウをこのブログに登場させるに当たって、最近の撮影日を確認したところ
4年以上前だったのは少し驚きでした。

DSC_2939-181114秋が瀬ソウシチョウ-Bこの鳥を初めて見たときは、まるでオモチャみたいだと思いました。秋が瀬 18年11月中旬。

DSC_2942-181118秋が瀬ソウシチョウ-B記録によると数日後また同じ所に撮りに行っていました。同上

DSC_9666-200228ソウシチョウ-Bこの鳥は一度見たら忘れないと思います。秋が瀬 20年2月下旬。

DSC_9709-200228秋が瀬ソウシチョウ-B最近はソウシチョウを見る機会がほとんどありません。山の何処かで集団生活をしているのでしょうか。
一般的にはあまり歓迎されないので、増えすぎても困るのですが。ソウシチョウ全長15CM。




category
外来種

ガビチョウ

今日はガビチョウです。
ガビチョウを最初見たときは、とんでもない珍鳥を見つけたと興奮しましたが、
あとで図鑑で調べてみると、名前だけは知っていたガビチョウでした。
ガビチョウは今ではすっかり市民権を得ているようです。

DSC_5779-221210日野ガビチョウ-Bネズミモチの実を食べていました。日野 22年12月中旬。

DSC_4712-231025川島ガビチョウ-B川島 23年10月下旬。

DSC_4807-231025川島ガビチョウ-B同上

DSC_8700-240424浅間山ガビチョウ-B最近の画像です。浅間山

DSC_8705-240424浅間山ガビチョウ-B同上




category
外来種

ワカケホンセイインコ

久し振りの更新となりました。
先日の東日本大震災の大きな揺れで、私がウェブ用に普段使っているノートPCの
キーボードに本棚から落ちてきた本が直撃し、幾つかの文字が打てなくなってしまいました。
PCの買え変えも検討しましたが、インターネットに接続するのが面倒なので
何かいい方法はないかと思案した所、ジャンク品のキーボード315円でを買ってきて
一件落着となりました。
あと外付けハードディスクガ倒れてしまい、これが使えなくなっててしまいました。
こちらはバックアップしてあったのでよかったです。
今日はワカケホンセイインコです。大岡山ににある東工大のインコは数も多く有名ですが
多摩の方でも数羽の群れを見ることが出来ます。

DSC_7469-230401寒緋桜ワカケホンセイインコ-B画像は小金井公園の寒緋桜の花の蜜を求めてやってきたワカケホンセイインコです。ワカケとは漢字で書くと輪掛けで、頸の周りにわっかあることからこのように名づけられたようです。私も今回初めて知りました。

DSC_7474-寒緋桜ワカケホンセイインコ-B上と同じような画像ですが桜を咥えているのがよく分かります。

DSC_7550-230401寒緋桜ワカケホンセイインコ-B花の赤と鳥の嘴の赤が同じような色合いです。

DSC_7498-230401寒緋桜ワカケホンセイインコ-B空抜け画像です。寒緋桜の花は下を向いて咲くのであまり見栄えが良くありません。ワカケホンセイインコも今まで何回か目撃しましたが、実際に撮影するのは今回が初めてです。全長40CM。


category
外来種