Entry Navigation

スズメ

白いスズメです。

DSC_3728-白スズメ-B(1)セイタカアワダチソウとスズメです。

DSC_3849-白スズメ-B(2)近くで見ると上面はほとんど白いです。

DSC_3702-白スズメ-B(3)いつも仲間と一緒でした。

DSC_3891-白スズメ-B(4)お食事風景です。冬枯れたセイタカアワダチソウの種子を食べていました。

DSC_3884-白スズメ-B(5)大きくトリミングです。嘴は基部以外は黒っぽくなっています。
また耳羽の黒斑がいかにもスズメらしいです。



スポンサーサイト
category
ハタオリドリ科

桜と鳥Ⅳ

今年の桜も昨日からの強風で、いよいよ終盤を迎えた様です。
今は冬鳥と夏鳥の端境期で撮れる鳥の種類も少なく、桜絡みは絶好の鳥撮りのチャンス
でしたが、桜が散ったこれから先少しの間は、夏鳥の飛来を待つ事になりそうです。
今回の画像は桜絡みの定番ニュウナイとその他の鳥です。

DSC_6222-ニュウナイスズメ-B(1)ニュウナイスズメ♀と染井吉野です。

DSC_6478-ニュウナイスズメ-B
(2)ニュウナイ♂と染井吉野です。

DSC_6031-枝垂れニュウナイ-B
(3)ニュウナイと枝垂れ桜です。

DSC_7169-アトリ-B(4)アトリ♂と染井吉野です。

DSC_7271-大寒桜シジュウカラA-B(5)今季は桜の花を咥えたシジュウカラを撮影出来なかったので、 過去の撮影分からです。
   シジュウカラと大寒桜です。

DSC_3440-ベニマシコ-B(6)桜の花とベニマシコを撮りたくて、現地に何度か通いました。
   結局撮れたのは、開花寸前の花芽を食べるベニマシコでした。
   ここに開花した桜の花が1,2輪でも有ったらなと、今でも思います。














category
ハタオリドリ科

ニュウナイスズメ

 田んぼを歩いていると電線に何か止まったので、双眼鏡で確認してみると
ニュウナイスズメでした。

DSC_0668-ニュウナイスズメ-B(1)♂です。

DSC_0644-ニュウナイスズメ-B(2)タダスズメみたいに見えています。

DSC_0637-ニュウナイスズメ-B(3)♀です。

DSC_0648-ニュウナイスズメ-B(4)この個体だけ見ると一瞬何だか分かりません。

DSC_5111-ニュウナイスズメ-B
(5)おまけの画像です。今年もあと2か月足らずで、楽しみな桜の季節がやってきます。





category
ハタオリドリ科

スズメ

スズメの群れが冬枯れた田んぼに集まっていました。

DSC_7783-スズメ-B最近スズメが少なくなったと言われますが、ここでは100羽以上が集まっていました。

DSC_7787-スズメ-B最近北海道で撮ったベニヒワの群れの写真を見ました。
この絵の鳥がベニヒワの群れだったら、泣いて喜ぶ所なんですが。

DSC_7789-スズメ-B本当はこの群れにチョウゲンボウやハイタカが突っ込むかも知れないと、
密かな期待を持っていました。

DSC_7793-スズメ-Bスズメ達の行動を暫く観察していましたが、何事も起こらないまま、
群れは飛んでは降り、降りては飛びを繰り返していました。



category
ハタオリドリ科