Entry Navigation

アカエリカイツブリ

珍しく市街地の小さな河川に飛来したアカエリカイツブリです。

DSC_4422-アカエリカイツブリ-B(1)今の時期は地味な冬羽ですので、名前の由来の赤い物は見当たりません。

DSC_4528-アカエリカイツブリ-B(2)足で水を掻いた後が、連続した紋様となっています。

DSC_4462-アカエリカイツブリ-B(3)近くを通過しました。嘴の基部が黄色いです。

DSC_4511-アカエリカイツブリ-B(4)餌取りのため顔を水中に突っ込んだ瞬間です。   

DSC_4520-アカエリカイツブリ-B(5)餌ゲットです。何を獲るのか興味の有る所でしたが、ゲットしたのは
   水中に潜むミミズの様でした。

DSC_0214-アカエリカイツブリ-B(6)画像は夏羽のアカエリカイツブリです。4月下旬九十九里の漁港。




  



スポンサーサイト
category
カイツブリ科

アユ漁

100羽近くのカワウの集団による落ちアユ漁です。

DSC_3757-カワウ-B(1)大画面で見ると、アユを咥えているウが3羽確認で出来ます。

DSC_3779-カワウ-B(2)4匹のアユです。ウがアユを飲み込んだ後では、当然アユは写っていません。

DSC_3773-カワウ-B(3)この画像では5匹です。

DSC_3767-カワウ-B(4)こちらでは何と10匹のアユです。
   カワウの軍団に狙われた場所では、アユが根こそぎ食べられてしまう感じです。





category
ウ科

カイツブリⅡ

前回のカイツブリの営巣場所に近くにもう一つの巣がありました。
こちらは雛が誕生し、可愛らしい仕草を見せてくれました。

DSC_4575-カイツブリ-B(1)雛が餌をおねだりしています。

DSC_4643-カイツブリ-B(2)何と親は巣に座ったまま、水面に出た小エビを嘴で捕獲し雛に与えました。
合理的というか無精者というかです。

DSC_4708-カイツブリ-B(3)

DSC_4760-カイツブリ-B(4)親の羽毛にくるまって安心しきっています。

DSC_4768-カイツブリ-B(5)






category
カイツブリ科

カイツブリⅠ

いつもの沼でカイツブリの繁殖行動を見ることが出来ました。

DSC_4780-カイツブリ-B(1)カイツブリが立ち上がって羽をパタパタしています。
近くにいた人の話では、卵に風を送っているとのことです。私もこう言うシーンは初めてなので
よく分かりませんが、卵を抱き疲れたので羽をパタパタとしてリラックスかも知れません。
調べてみたいと思います。

DSC_4784-カイツブリ-B(2)卵を覗いています。卵は2個です。意外と大きいですね。

DSC_4787-カイツブリ-B(3)卵に枯葉を載せて隠しています。

DSC_4788-カイツブリ-B(4)丁寧に隠しています。あと少しで完全に隠れます。

DSC_4794-カイツブリ-B(5)あれ、まだ見えるぞと言っているのでしょうか。

DSC_4805-カイツブリ-B(6)作業が終ってお出かけです。それにしても巨大な足です。

DSC_4810-カイツブリ-B(7)近くにはハスの花が綺麗に咲いていました。







category
カイツブリ科

ヒメウ

北海道にいる珍し系のウは大人気の様ですが、似たよう格好のウでも
冬場にこちらにやってくるヒメウはほとんど人気がないようです。

DSC_5611-ヒメウ-B曇り空での撮影ですが全身べっとりした感じで、羽のフワフワ感が全くありません。
まるで重油に汚染された海にいるかのようです。

DSC_5527-ヒメウ-B幾らか空が青くなって来ましたが、相変わらずほとんど真っ黒です。
この鳥のチャームポイントは何でしょうか。

DSC_5393-ヒメウ-B別の個体ですがヒメウが順光を浴びています。頭部や頸の辺りは緑色の光沢に輝いています。
嘴も橙色でそれなりに綺麗です。この個体は夏羽になっているのでしょうか。
私は夏羽の現物を見たことがないのでよく分かりません。

DSC_5422-ヒメウ-B顔の赤味がよく分かります。

DSC_5425-ヒメウ-B最後の画像です。ヒメウは今まで幼鳥か冬羽のモノトーンがほとんどだったので、
色の付いた個体を見れたのはラッキーだと思っています。


category
ウ科