Entry Navigation

キバシリ

今日はキバシリです。
キバシリは留鳥で主に亜高山地帯を生活域としています。私が今までにキバシリを見た場所は日光、戸隠、出羽三山等の山中や神社の杉林です。これらの地域は冬場の降雪地帯ですが、キバシリは冬にもいるのでしょうか。

DSC_4733-210508戸隠キバシリ-Bキバシリは樹木にしがみついて、表皮やその裏に潜んでいる虫等を素早く見つけて食べ歩いています。それはまるで木の上を駈けずり回っているように見えます。まさにキバシリです。

DSC_4763-210508戸隠キバシリ-Bキバシリの上面の色は杉等の表皮の色とそっくりな茶褐色や黒褐色でこれに白斑が混じります。ほぼ完璧な保護色となり、キバシリも顔や胸、腹、尾羽と体全体を木に密着させるように動き回ります。まるで忍者のようで撮影には苦労します。

DSC_4710-210508戸隠キバシリ-Bキバシリが巣箱の中で雛を育てています。2羽が同時又は交互に巣の中に餌を運んでいました。画像では上の鳥がバッタのようなものを咥えていますがよく分かりません。2羽が♂か♀かもよく分かりません。

DSC_3197-200516戸隠キバシリ親子-Bキバシリの親子の画像です。子どもは左の親に比べて随分小さく見えます。まだ巣立ったばかりかも知れません。あまり巣の中に長居するとヘビ等の餌食になることを避けるために早めに巣立ちするのでしょうか。それにしてもお腹の辺りが真っ白で可愛いですね。



スポンサーサイト
category
キバシリ科