Entry Navigation

島へ、その1

日本固有種が棲息するという島に行ってきました。
他にも夏鳥の期待が有りましたが、時期が少し早い様でした。

DSC_3999-タネコマドリ-B(1)早朝からの探鳥で最初に出会ったのは、コマドリの亜種タネコマドリです。
   薄暗い中での探鳥で手持ちISO12800での撮影でした。

DSC_4018-アカコッコ-B(2)次に出会ったのは日本固有種のアカコッコでした。
   島を代表する鳥で姿は何度か見ましたが、抜けた場所に来てくれませんでした。

DSC_4206-オーストンヤマガラ-B(3)ヤマガラの亜種、オーストンヤマガラです。
   後頭部に伸びる白い線がヤマガラより細いのが、識別ポイントの一つの様です。

DSC_4207-オーストンヤマガラ-B(4)強烈な逆光で、他の識別が出せません。
   半日の滞在で観光スポットにも行ったので、思うような鳥果は有りませんでしたが、
   季節を遅らせて丹念に探鳥すれば、それなりの成果も期待出来ると思いました。
スポンサーサイト
category
ツグミ科

ノハラツグミ

5年ぶりのノハラツグミです。
今回は大勢のカメラマンに囲まれ、樹高の高い杉の葉の中にほとんど籠りきりで
イメージした野原ではなく、木原ツグミの難しい撮影になってしまいました。

DSC_9504-ノハラツグミ-B(1)カメラのシャッターは、場所をいろいろ変えて沢山押しましたが、
   結局鳥がまともに見れたのはこの方向だけでした。

DSC_9521-ノハラツグミ-B(2)鳥は少しづつ移動します。鳥の動きに合わせてカメラの位置も変えます。   

DSC_9580-ノハラツグミ-B(3)左に開花した桜のピンク色です。

DSC_9779-ノハラツグミ-B(4)ノハラツグミ上とただツグミ下のツーショットです。

DSC_9846-ノハラツグミ-B(5)






category
ツグミ科

在庫一掃

1月の大雪の後、あちこちで撮った雪絡みの画像の残りです。

DSC_2784-トラツグミ-B(1)まずはトラツグミです。

DSC_2814-トラツグミ-B(2)

DSC_2830-トラツグミ-B(3)辺りを歩き回って餌を探していました。

DSC_2718-ルリビタキ-B(4)ルリビタキ♀です。今季の雪絡みのルリは♂が撮れていません。

DSC_2619-モズ-B(5)モズ♀です。大口を開けてペレットを吐き出そうとしています。
   地面にある残雪が反射し、止まった枝や鳥の胸がクリアに見えてます。

DSC_2624-モズ-B
(6)ペレットを吐き出しました。落ちてゆく所を未練たっぷり見つめています。
  横撮りを縦位置にトリミングです。



category
ツグミ科

積雪の日

今朝起きたら辺り一面が深い雪に覆われていました。
昨日は二十数年振りに東京地方で23センチの積雪があったようです。
と言う事で車は危険なので、徒歩で行ける近場の公園に行ってみました。

DSC_2096-ルリビタキ-B(1)辺りを探しまわり、最初に見つけたのはルリビタキ♀でした。

DSC_2098-ルリビタキ-B(2)

DSC_2101-ルリビタキ-B(3)飛び出しました。
   結局1時間ほどの散策でジョウビタキ、シロハラ、アオジ等も見つけましたが
   雪絡みで撮れたのはルリビタキだけでした。

DSC_1890-オオタカ-B(4)ルリビタキだけでは少し寂しいので、雪の前に撮ったオオタカです。

DSC_1953-オオタカ-B(5)

DSC_2025-オオタカ-B(6)下尾筒が膨らんで、腹から腰にかけてが寸胴の様に見えています。

DSC_2076-オオタカ-B(7)実はこの個体、最初はハイタカと間違えそうなくらい小さく見えました。
   雌雄の明確な区別は難しいかと思いますが、この個体は♂で間違いなしでしょう。




category
ツグミ科

河原散歩Ⅲ

河原の冬枯れたオギの原に、越冬ノビタキが来ていました。

DSC_0053-ノビタキ-B
(1)オギに止まる越冬ノビタキです。背景の青は川の流れです。

DSC_0061-ノビタキ-B(2)飛びだしました。

DSC_0367-ノビタキ-B(3)遠目では頭が黒く見えますが、実際はごま塩頭の冬羽です。

DSC_0429-ノビタキ-B(4)緑の所に来ました。

DSC_0444-ノビタキ-B(5)ジャンプしました。虫でも見つけたのでしょうか。

DSC_0449-ノビタキ-B(6)今度は横飛びです。

DSC_0526-オオタカ-B(7)空を見上げればオオタカ成鳥です。









category
ツグミ科