Entry Navigation

山へⅠ

最近の暑さを避けて、涼しいと思われる山に行ってきました。
今年は例年に比べ鳥影が少なく感じましたが、何種類か撮れました。
まずはコマドリです。

DSC_0576-コマドリ-B(1)いきなり近くで鳴いているのを見つけました。

DSC_0648-コマドリ-B(2)

DSC_0785-コマドリ-B(3)

DSC_0825-コマドリ-B(4)

DSC_0815-コマドリ-B(5)

DSC_0858-コマドリ-B(6)♀も撮れました。


















スポンサーサイト
category
ツグミ科

夏鳥Ⅰ

最近の暑さを避けて涼しい山中に、夏の小鳥を求めて行ってきました。
最初に出会ったのは期待のコルリでした。

DSC_3142-コルリ-B(1)沢の水が染み出して湿地になった場所にコルリがいました。

DSC_3212-コルリ-B(2)この地では6年前にもコルリと会っています。

DSC_3231-コルリ-B(3)コルリはお食事の餌探しにこの沢沿いに来たようです。囀りは無しでした。

DSC_3268-コルリ-B(4)自然に苔生した倒木の上に乗ってくれました。
   敢えて逆光を狙った訳でも有りませんが、これも良いかなと思います。

DSC_3272-コルリ-B(5)立ち位置を変えて、バックに少し緑を入れました。

DSC_3307-コルリ-B(6)コルリが尾羽を広げて、パタパタと地べたの枯葉をたたいていました。
  以前にトラツグミが同じような事をやっていた記憶が有りますが、これは餌探し
なのでしょうか。






category
ツグミ科

トラツグミ

公園の園路を歩いていると、何かが飛び出し木に止まりました。
何だろうと確認してみると、今季初見のトラツグミでした。

DSC_3922-トラツグミ-B(1)トラツグミは地べたで餌探しをしていたようです。
  画像でトラが咥えているのは、体内から吐き出した木の種子の様です。

DSC_3938-トラツグミ-B(2)上の画像の種子は捨ててしまいましたが、新たな種子を体内から吐き出し
  咥えました。色の違いから上とは別の種子だと分かります。

DSC_4072-トラツグミ-B(3)別の止まり木に移っても種子を吐き出します。
  トラは一度に何個木の実を食べるのでしょうか。

DSC_4192-トラツグミ-B(4)今度は地べたで餌探しの様子です。

DSC_4219-トラツグミ-B(5)探し当てたのはミミズの様な小さい物でした。
  トラは木の実ミミズと植物性動物性を食べ分け、グルメなお食事を満喫していました。




category
ツグミ科

河原の小鳥

越冬ノビタキ健在です。

DSC_8715-ノビタキ-AB(1)たまにセイタカアワダチソウに乗ってくれます。

DSC_8726-ノビタキ-B(2)上と同じような画像ですが大きくトリミングです。
  遠目では黒く見えた頭も、拡大すると黒がすり減って下の褐色が出て来ています。

DSC_8740-ノビタキ-B
(3)縦位置ですが鳥はほとんど動かなかったので、同じような画像になりました。

DSC_7525-ホオジロ-B(4)撮り貯めて置いたホオジロ♂がオギの穂を咥えている画像です。
   この後ホオジロはオギの小穂を夢中で食べました。

DSC_5150-ホオジロ-B(5)こちらはホオジロ♀です。♂♀撮れたのでブログにアップしました。




category
ツグミ科

ノビタキ

先日撮影した越冬ノビタキの再登場です。

DSC_4686-ノビタキA-B(1)今回は虫を求めて飛び回るシーンが撮れました。

DSC_4687-ノビタキ-B(2)

DSC_4689-ノビタキ-B(3)飛び回った後はいつもこの枝に戻ります。

DSC_4707-ノビタキ-B(4)

DSC_4808-ノビタキ-B(5)お約束のセイタカアワダチソウの上で、虫を咥えてポーズです。

DSC_4826-ノビタキ-B(6)





category
ツグミ科