Entry Navigation

ヒレンジャク

いつもの森に1羽のヒレンジャクがいました。
前回は何時頃かと調べたら、何と2年ぶりの出会いでした。

DSC_6477-ヒレンジャク-B(1)ヒレンジャクはヤドリギの実を食べに来ていました。

DSC_6499-ヒレンジャク-B(2)ヤドリギの実を咥えました。
   残念ながら目に大きく枝の影が入って、丹下左膳になってしまいましたが
   今季初撮りなので良しとします。

DSC_6614-ヒレンジャク-B(3)木の枝に移って今度は腹を見せました。

DSC_6707-ヒレンジャク-B(4)伸びをしました。




スポンサーサイト
category
レンジャク科

いつもの公園の1日

先日いつもの公園で、ほぼ定点のほとんど移動なしで撮れた鳥たちです。撮影順です。

DSC_4300-ベニマシコ-B(1)ベニマシコ。これが本来の目的でした。イノコヅチを食べていました。

DSC_4466-コゲラ-B(2)コゲラ。コゲラのいた枝は枯枝で、桜の花は有りませんでしたが、カメラを傾けて
   無理矢理桜を入れてみました。

DSC_4504-ハイタカ-B(3)突然ハイタカが上空を旋回しました。

DSC_4509-ハイタカ-B(4)この冬はハイタカ撮影の機会がほとんど無かったので、嬉しい出会いとなりました。

DSC_4571-キレンジャク-B
(5)ヤナギとキレンジャクです。
   ヤナギの枝が細長く垂れています。枝先までは入りませんでした。

DSC_4975-キレンジャク-B
(6)今度はjグチャグチャした所に止まりました。




category
レンジャク科

飛び物

キ、ヒレンジャクの飛び物10連発です。

DSC_2020-キレンジャク-B(1)キレンジャク

DSC_2083-ヒレンジャク-B(2)ヒレンジャク

DSC_1286-キレンジャク-B(3)キのユスリカ捕食

DSC_2132-キレンジャク-B(4)ユスリカが見え難いですが、嘴の先に微かに写っています。

DSC_1154-ヒレンジャク-B(5)水面に浮かんだユスリカにロックオンです。

DSC_1561-キレンジャク-B(6)以下の画像は飛翔のスピード感を出すため、シャッタースピードを遅めにしています。

DSC_1829-キレンジャク-B(7)

DSC_1505-キレンジャク-B(8)

DSC_1699-ヒレンジャク-B(9)

DSC_2044-キレンジャク-B(10)終わりです。







category
レンジャク科

キレンジャク

前回のヒレンジャクの次は、キレンジャクの華麗な空中ショウです。

DSC_6598-キレンジャク-B(1)キレンジャクとの出会いは突然でした。
  森の小道を歩いていると、キレンジャクが真の前に現れました。余りの近さにびっくりです。

DSC_6626-キレンジャク-B(2)キレンジャクが池の水を飲みにに現れました。

DSC_7195-キレンジャク-B(3)これからはキレンジャクの飛び物です。まずは空抜けです。

DSC_6776-キレンジャク-B(4)林バックです。

DSC_6793-キレンジャク-B(5)飛び出しを狙いました。面白いポーズで撮れました。

DSC_6992-キレンジャク-B(6)キレンが大口を開けて飛んでいます。  さすがに森の中ではユスリカは見えません。



category
レンジャク科

ヒレンジャク

本格的な春の訪れとともに、ヒレンジャクの行動パターンも変わってきました。
食性はいままでのヤドリギから地上のリュウノヒゲに変わり、さらに森の池で冬を越した
ユスリカが春の陽気で一斉に羽化すると、レンジャク達が華麗な空中ショウを見せてくれました。

DSC_7282-キ、ヒレンジャク-B(1)樹上に集まるヒレンジャクの群れです。左端上段にキレンジャクの姿も見えています。

DSC_5861-ヒレンジャク-B(2)高いところで様子を伺う2羽のヒレンジャクです。

DSC_6615-ヒレンジャク-B(3)地上に降りてリュウノヒゲの実を食べるヒレンジャクです。

DSC_5763-ヒレンジャク-B(4)飛び出しです。

DSC_6927-ヒレンジャク-B(5)林バックの飛び物です。

DSC_5927-ヒレンジャク-B(6)水面バックの飛び物です。

DSC_5871-ヒレンジャク-B(7)春の陽気で羽化したユスリカに、フライングキャッチするヒレンジャクです。
  画面に黒くゴミの様に写っているのが、一斉に羽化したユスリカです、

DSC_5880-ヒレンジャク-B(8)大口を開けて捕食の態勢に入りました。
  思いがけないレンジャク達の華麗な空中ショウに出会えて、何か得した気分になりました。









category
レンジャク科