Entry Navigation

モズ

河原の小さな池で、モズが水浴びをしていました。
モズの水浴びは初めて見ましたが、何度も何度も水をかけていました。
肉食の鳥は意外と清潔好きなのかも知れません。

DSC_3371-モズ-B(1)

DSC_3372-モズ-B(2)

DSC_3380-モズ-B(3)

DSC_3381-モズ-B(4)

DSC_3387-モズ-B(5)

DSC_3419-モズ-B(6)大口を開けて、いい気持ちだ、と言っているのかも知れません。

DSC_3437-モズ-B(7)水浴びでさっぱりです。












スポンサーサイト
category
モズ科

チゴモズ

最近数を減らしているといわれるチゴモズです。
以前は隣接する県にも毎年飛来していましたが、今回の撮影はなんと9年振りです。

DSC_7679-チゴモズ-B(1)チゴモズ♂がクルミの木に止まり、頭の毛を逆立てています。
  頭上にはクルミの実が5個程見えています。

DSC_7784-チゴモズ-B(2)梅雨時の天気は変わりやすく、たまに霧雨が降ります。

DSC_7914-チゴモズ-B(3)栗の木に止まりました。雨が降ったり明るくなったりと露出が難しいです。

DSC_8110-チゴモズ-B(4)イモムシを咥えています。

DSC_8108-チゴモズ-B(5)飛び出しですが鳥がぶれています。。暗いのでiso6400位に上げれば止まった
  かも知れません。

DSC_8226-チゴモズ-B(6)♀もいましたが、抜けた所には出ませんでした。

DSC_8317-チゴモズ-B(7)お気に入りの枝が幾つかあり、同じような所によく止まります。

DSC_8541-チゴモズ-B(8)









category
モズ科

モズ

高原でアカモズを探しました。
以前と違い周辺環境が変化したためか、遠くで数回見れた程度でした。

DSC_5144-モズ-B(1)まずはアカモズと同じ環境にいたモズです。夏羽で、いわゆる高原モズです。
  初列風切基部に小さく白班が見えます。

DSC_5151-モズ-B(2)モズが飛び出しました。

DSC_5152-モズ-B(3)次のカットです。翼を広げると(1)の白班が白いラインになっています。

DSC_5141-アカモズA-B(4)2時間探して本命のアカモズ♂です。

DSC_5184-アカモズ-B(5)違う所に止まりました。腹が白くて目立ちます。

DSC_5186-アカモズ-B(6)飛び物です。結局昨年と同じ様なカットしか撮れませんでした。

DSC_5185--B
(7)おまけの画像です。以前は富士山を入れて撮る事も出来ました。
  アカモズも年々撮影が困難になってしまっている感じです。






category
モズ科

草原Ⅲ

別の高原にある草原にはアカモズがいました。

DSC_5228-アカモズ-B
(1)木の枯枝が突き出た所に止まるアカモズ♂です。
空は雲の動きが早く晴れ曇りを繰り返しましたが、幸運にも晴の時間帯で撮れました。

DSC_5156-アカモズ-B(2)今度は横撮りです。

DSC_5162-アカモズ-B(3)飛び出しです。

DSC_5076-アカモズ-B(4)

DSC_5090-アカモズ-B(5)ツーショットです。右が何か甘えている様にも見えます。
最初はアカモズの親子かと思いましたが、尾羽は長いし嘴も黄色くありません。

DSC_5141-モズ-B(6)私の独断と偏見での結論としては、この個体は今年の春に生まれたタダモズが移動して
高原に来ていると思いますが、正解はどうなのか良く分かりません。








category
モズ科

リベンジⅡ

前回訪問時のオオモズは1回だけの出現で、しかも距離300m以上の逆光、空抜けと
最悪な条件で,、とてもシャッターを押せる状態ではありませんでした。
今回はモズの行動範囲がある程度絞られている様なので訪問してみました。

DSC_8837-オオモズ-B(1)当日天気は曇りでしたが、モズのご機嫌が良かったのか何回かの撮影チャンスに
  恵まれました。

DSC_8506-オオモズ-B
(2)細い枝に止まりました。

DSC_8740-オオモズ-B(3)こそこそ近くの木まで来ました。胸に横班が薄く見えるので若い個体でしょうか。
  オオモズのイメージは氷点下の世界で数時間待ちですが、嬉しい出会いに感謝です。

DSC_8480-オオモズ-B(4)飛び物も撮れました。と言っても飛び出しですが。

DSC_8826-オオモズ-B(5)今度は正面方向への飛び出しです。
  初列風切の基部に白帯があるので、翼をたたんだ時に1個の白班として見える様です。





category
モズ科