Entry Navigation

サンショウクイ

この冬は最近生息域が北上していると言われる、亜種リュウキュウサンショウクイを
撮りましたが、今回は夏鳥として飛来する亜種サンショウクイを撮る事が出来ました。
わずか数か月の間にサンショククイ2亜種撮れて嬉しい限りです。

DSC_5945-サンショウクイ-B(1)サンショウクイの過去の記録を調べたら、個人的にはこの場所では6年振りの撮影です。

DSC_6079-サンショウクイ-B(2)白くて太い翼帯が目立ちます。

DSC_6124-サンショウクイ-B(3)曇り空、逆光の空抜けです。

DSC_6132-サンショウクイ-B(4)鳥の背後に緑が有る絵を選んでします。

DSC_6187-サンショウクイ-B(5)サンショウクイは複数羽いたようですが、撮れたのは♂だけでした。





スポンサーサイト
category
サンショウクイ科

続リュウキュウサンショウクイ

難敵なリュウキュウサンショウクイですが、今回は幸運にも近くで撮れました。

DSC_5819-Rサンショウクイ-B(1)横止まりです。また青い虫を咥えていました。お気に入りの餌の様です。

DSC_5828-Rサンショウクイ-B(2)今度は縦止まりです。
   白い媚斑と黒っぽい胸で如何にもRサンショウクイです。

DSC_5831-Rサンショウクイ-B(3)

DSC_5838-Rサンショウクイ-B(4)

DSC_5846-Rサンショウクイ-B(5)背景が暗く落ちた場所で撮りたい所ですが、贅沢は言えません。




category
サンショウクイ科

リュウキュウサンショウクイ

先日撮影したリュウキュウサンショウクイは撮影距離が有り、手持ちの短いレンズでは
かなり厳しいものが有りました。
今回はそのリベンジに行ってきました。

DSC_5051-Rサンショウクイ-B(1)背面です。

DSC_4682-Rサンショウクイ-B(2)腹面です。胸が黒っぽいです。

DSC_5080-Rサンショウクイ-B(3)

DSC_5109-Rサンショウクイ-B(4)青い虫ゲットです。何だか不明ですが、真冬にこんな虫がいるんですね。

DSC_5140-RサンショウクイA-B(5)飛び出しです。
   リュウキュウサンショウクイの生息域は年々北上している様で、関東地方でも
   普通に越冬し、人知れず繁殖もしているのかも知れません。




category
サンショウクイ科

サンショウクイⅡ

今日は渡りの時期のサンショウクイです。
多磨霊園浅間山にサンショウクイが1羽入っていました。

DSC_9199-230430浅間山サンショウクイ-Bサンショウクイの♂です。スマートな体をしています。

DSC_9160-230429浅間山サンショウクイ-B今の時期豊富にいる青虫を食べていました。

DSC_9221-230430浅間山サンショウクイ-Bヒリヒリと盛んに鳴いていました。よく鳴いてくれるので姿を見つけるのは簡単です。サンショウクイの名前の由来は鳴き声にありますが、鳥の場合鳴き声や色、形から名前をつけるのは普通です。

DSC_9264-230429浅間山サンショウクイ-B比較的近くにも来てくれました。休憩タイムのようです。このサンショウクイは1日だけの滞在だったようです。今の時期は公園や林に日替わりメニューで色々な鳥が出入りするので目が離せません。



category
サンショウクイ科

サンショウクイ

今日はサンショウクイです。
サンショウクイは夏鳥として飛来します。サンショウクイの存在に気が付くのは、大概数羽の群れが上空をヒリヒリと鳴きながら通過するときです。今回標高1000M程度の場所でカメラを構えていると、偶然にも50~60羽の群れが通過するのを見ることが出来ました。これほどの数のサンショウクイを見るのは初めてだったので、非常に感激しました。私が今までに撮り貯めたサンショウクイとともに、紹介したいと思います。

DSC_4922-210508戸隠サンショウクイ-Bまずは定番のサンショウクイの♂です。戸隠5月上旬

DSC_4926-210508戸隠サンショウクイ-B今度は♀です。戸隠5月上旬

DSC_3685-200518軽井沢サンショウクイ♀-B巣作りに忙しい♀です。軽井沢5月中旬

DSC_9760-200427秋が瀬サンショウクイ飛翔-B地元の公園での撮影です。羽を広げると根本から先端にかけて一本の太い白線が見えます。4月下旬

DSC_7989-220905サンショウクイ-NTBここからは最近の画像です。チョッと分かりづらいですが、山をバックに飛ぶサンショウクイの群れです。このときもヒリヒリと鳴きながら飛んでいました。9月上旬

DSC_7994-サンショウクイ-NTB最後の画像です。群れは段々と私の方に近づきました。このときは残念ながら空抜けになってしまいましたが、サンショウクイの特徴もしっかり押さえる事ができました。渡りの準備でしょうか、これほどの群れを見ることができて、まさに感動ものでした。





category
サンショウクイ科