Entry Navigation

サンコウチョウ

サンコウチョウ♂♀とも今年初撮りです。
いい画像残せませんでしたが、次回に期待したいと思います。

DSC_2484-サンコウチョウ-B(1)♂

DSC_2558-サンコウチョウ-B(2)

DSC_3307-サンコウチョウ-B(3)♀

DSC_3334-サンコウチョウ-B(4)



スポンサーサイト
category
カササギヒタキ科

ヤマガラ

先日ヤマガラの求愛給餌を撮影しましたが、今回は巣立ち雛への給餌です。
求愛給餌の撮影が5月3日だったので、巣立ち雛との計算が合わないと思いましたが
巣立ち雛はみんな羽も長いので、別の場所で営巣したファミリーの一団の様でした。

DSC_3290-ヤマガラ-B(1)エノキに止まるヤマガラの巣立ち雛です。尾羽も長くなり大きさは親と
   変わりません。

DSC_3210-ヤマガラ-B(2)黄色い嘴を開けて親に餌の催促です。

DSC_3218-ヤマガラ-B(3)親と餌をねだる2羽の雛です。

DSC_3237-ヤマガラ-B(4)雛が1羽増えて3羽になりました。

DSC_3243-ヤマガラ-B(5)親が飛び去った後です。
   春のヤマガラは桜止まり以外ほとんどパスでしたが、今年は求愛給餌が
    撮れたので、その後も追ってみたくなりました。

DSC_3190-センダイムシクイ-B(6)ヤマガラを探していたら偶然見つけたムシクイです。
   鳴かないのでよく分かりませんが、センダイでしょうか。
   



category
シジュウカラ科

5月のヒレンジャク

今年の3月末には、開花したサクラに止まるヒレンジャクを撮る事が出来ました。
サクラ絡みのヒレンジャク撮影は望外の喜びと思っていた所、あれから一月半
5月も連休を過た頃、今度は何と赤や黒の実を付けた、サクラに集まるヒレンジャクを
撮る事が出来ました。

DSC_1685-ヒレンジャク-B(1)赤や黒のたわわに実ったサクランボを付けた、サクラに止まるヒレンジャクです。

DSC_1778-ヒレンジャク-B(2)

DSC_1809-ヒレンジャク-B(3)ヒレンジャクは黒く熟した実を選んで食べていました。甘いのを知っている様です。

DSC_1869-ヒレンジャク-B(4)

DSC_1968-ヒレンジャク-B(5)

DSC_1144-ヒレンジャク-B(6)撮影場所が異なりますが、3月末に撮影したサクラとヒレンジャクの再掲載です。







category
レンジャク科

GWの成果

今年のGWは近場でちょろちょろで終わってしまいました。
撮影した鳥の種類や数も少なく、近場での鳥撮りも毎年難しくなっているようです。

DSC_0097-サンショウクイ-B(1)サンショウクイ。一日だけの出会いでした。

DSC_0195-サンショウクイ-B(2)同じ日のサンショウクイ♀です。
   ♂♀とも撮れたのはお腹ばかりでした。

DSC_1069-キビタキ-B(3)キビタキ。こちらは定番ですが目線に近い位置で撮れました。

DSC_1264-センダイムシクイ-B(4)センダイムシクイ。何が気に食わないのか、エナガの翼に食い付きました。

DSC_0680-コルリ-B(5)コルリ。去年は繁殖地で撮りましたが、今年は近場で撮れました。

DSC_0710-コルリ-B(6)実質一泊二日だけの滞在だったようです。









category
ツグミ科

ヤマガラ

4月に三宅島等に生息するオーストンヤマガラを見てきました。
今回は本土に普通にいるヤマガラです。
春のヤマガラはほとんど撮影対象にしていませんでしたが、よく行く近くの公園に
ヤマガラの番がいたので、何度か撮影してみました。

DSC_9824-ヤマガラ-B(1)新緑の葉に付く大きなイモムシを、口いっぱいに咥えたヤマガラです。

DSC_9806-ヤマガラ-B(2)捕まえたイモムシを何度も枝に叩き付けて弱らせます。

DSC_0662-ヤマガラ-B(3)イモムシを沢山咥えて飛び出す所です。飛び出し画像はブレブレでした。
   向かった先は何処でしょう????

DSC_0623-ヤマガラ-B(4)向かった先は♀が待っている所でした。左♂、右♀です。

DSC_0625-ヤマガラ-B(5)♀は羽をパタパタとして餌をオネダリです。

DSC_0627-ヤマガラA-B(6)

DSC_0628-ヤマガラ-B(7)プレゼント終了です。
   いつの日かこの番が雛に餌をあげている所を見てみたいものです。






category
シジュウカラ科