Entry Navigation

島へ、その1

日本固有種が棲息するという島に行ってきました。
他にも夏鳥の期待が有りましたが、時期が少し早い様でした。

DSC_3999-タネコマドリ-B(1)早朝からの探鳥で最初に出会ったのは、コマドリの亜種タネコマドリです。
   薄暗い中での探鳥で手持ちISO12800での撮影でした。

DSC_4018-アカコッコ-B(2)次に出会ったのは日本固有種のアカコッコでした。
   島を代表する鳥で姿は何度か見ましたが、抜けた場所に来てくれませんでした。

DSC_4206-オーストンヤマガラ-B(3)ヤマガラの亜種、オーストンヤマガラです。
   後頭部に伸びる白い線がヤマガラより細いのが、識別ポイントの一つの様です。

DSC_4207-オーストンヤマガラ-B(4)強烈な逆光で、他の識別が出せません。
   半日の滞在で観光スポットにも行ったので、思うような鳥果は有りませんでしたが、
   季節を遅らせて丹念に探鳥すれば、それなりの成果も期待出来ると思いました。
スポンサーサイト
category
ツグミ科

公園

レンジャクやコイカルで賑わっている公園ですが、桜も咲き春本番となって鳥たちの
食性にも変化が出ています。

DSC_1937-ヒレンジャク-B(1)飛来当初はヤドリギの実を食べ、少し前にはリュウノヒゲの実を好んで食べていた
   レンジャクですが、最近はキズタの実を主に食べ、柳や他の新芽も食べています。

DSC_2098-ヒレンジャク-B(2)

DSC_2204-ヒレンジャク-B(3)キズタの実を咥えています。
   キズタは秋口から実を付けていますが、今が食べ時のようです。

DSC_1653-コイカル-B(4)コイカル♀です。芽吹いたエノキの若葉に止まりました。

DSC_1586-コイカル-B(5)ここでは少なくなった実を咥えました。

DSC_1596-コイカル-B(6)♂もまだいます。

DSC_2362-ツミA-B(7)空を見ればツミ♂です。
   レンジャクの群れが急に飛び立つのはこの鳥の仕業でしょうか。

DSC_2373-ツミ-B(8)ツミ♂は今季初見でした。





category
レンジャク科

ヒレンジャクⅣ

今回は桜とヒレンジャクです。

DSC_1162-ヒレンジャク-B(1)撮れそうで撮れない、念願の桜絡みのヒレンジャクです。

DSC_1455-ヒレンジャク-B(2)

DSC_1001-ヒレンジャク-B(3)エンピツの様に細くなっています。ヤドリギではほとんど見れないポーズです。
  警戒しているのか、虫を探しているのか。

DSC_1256-ヒレンジャク-B(4)2羽です。

DSC_1268-ヒレンジャク-B(5)飛び付き、その1です。

DSC_1377-ヒレンジャク-B(6)その2です。

DSC_1446-ヒレンジャク-B(7)その3は反対側からです。

DSC_1445-ヒレンジャク-B(8)今度は飛び出しです。

DSC_0853-ヒレンジャク-B(9)水平飛行の飛び物です。

DSC_0801-ヒレンジャク-B(10)餌取りシーンです。暖かくなって羽化した昆虫を狙っています。
   ほぼ90度上の虫を捕るため急ブレーキで、尾羽全開でです。






category
レンジャク科

ノハラツグミ

5年ぶりのノハラツグミです。
今回は大勢のカメラマンに囲まれ、樹高の高い杉の葉の中にほとんど籠りきりで
イメージした野原ではなく、木原ツグミの難しい撮影になってしまいました。

DSC_9504-ノハラツグミ-B(1)カメラのシャッターは、場所をいろいろ変えて沢山押しましたが、
   結局鳥がまともに見れたのはこの方向だけでした。

DSC_9521-ノハラツグミ-B(2)鳥は少しづつ移動します。鳥の動きに合わせてカメラの位置も変えます。   

DSC_9580-ノハラツグミ-B(3)左に開花した桜のピンク色です。

DSC_9779-ノハラツグミ-B(4)ノハラツグミ上とただツグミ下のツーショットです。

DSC_9846-ノハラツグミ-B(5)






category
ツグミ科

ヒレンジャクⅢ

今が旬の鳥ヒレンジャクですが、なかなか手強くてうまく撮せてくれません。

DSC_8973-ヒレンジャク-B(1)喉の黒斑の境がはっきりしているので♂でしょうか。

DSC_8974-ヒレンジャク-B(2)左下を向きました。風切先端の白班に小さい赤斑が混じるのは、
   成鳥の印でしょうか。それとも♂の印?

DSC_8932-ヒレンジャク-B(3)今度は白斑に赤斑のない個体。♀それとも幼鳥でしょうか。

DSC_7800-ヒレンジャク-B(4)

DSC_7794-ヒレンジャクA-B(5)お食事タイムです。
   リュウノヒゲの実を一瞬見失ってパニクッているようです。

DSC_7818-ヒレンジャク-B(6)別個体ですが実をしっかり咥えています。








category
レンジャク科