Entry Navigation

雪とアリスイ

大雪や体調不良で久し振りの更新となりました。
ここ数年今の時期話題となる公園のアリスイです。今回は雪絡みで撮れました。

DSC_3076-アリスイ-B(1)まずはゴチャゴチャした所で木止まりのアリスイです。

DSC_3151-アリスイ-B(2)アリスイの飛び物です。ソッポ向いていますが、一目アリスイと分かります。

DSC_3647-アリスイ-B(3)この一角は立ち入り禁止なので、雪が手つかずで残って写真には好都合です。

DSC_3769-アリスイ-B(4)アリスイは野焼きの後のヨシの茎に潜む虫を、長い舌で探しています。

DSC_3542-アリスイ-B(5)あちこち探し回っています。

DSC_3760-アリスイ-B(6)分かり易いように大きくトリミングです。






スポンサーサイト
category
キツツキ科

マメ柿

マメ柿にはキマユムシクイ以外にも、甘い物を求めて鳥たちが飛来しました。

DSC_7657-アオゲラ-B(1)まずはアオゲラ♀です。どれが美味しそうかなと品定めです。

DSC_7619-アオゲラ-B(2)舌を出しています。

DSC_7697-アオゲラA-B(3)嘴の先端で果汁を挟んでいます。

DSC_7682-アオゲラ-B(4)ペロッと舌鼓です。

DSC_7681-アオゲラ-B(5)美味しかったわとでも言っている様です。

DSC_7814-シロハラ-B(6)シロハラ♂です。どれが良いかなと物色中です。

DSC_7770-アオジ-B(7)アオジ♀です。こちらは通りすがりの様でした。
   その他は常連のメジロ、ここの縄張りを主張するヒヨドリ等です。












category
キツツキ科

公園散歩Ⅲ

公園のキクイタダキ撮影の合間に撮り貯めた小鳥たちです。

DSC_4171-イカル-B(1)半逆光のイカルです。エノキのあとはモミジの実を食べていました。

DSC_4296-エナガ-B(2)エナガです。懸垂をしていました。

DSC_4303-ルリビタキ-B(3)ルリビタキ♀です。光線悪いですが数合わせです。

DSC_8853-シロハラ-B(4)シロハラです。柿の実を食べていました。

DSC_4337-アオゲラ-B(5)アオゲラ♂です。

DSC_4355-アオゲラ-B(6)

DSC_4323-アオゲラ-B(7)サービス精神旺盛で近くで撮る事が出来ました。

DSC_4332-アオゲラ-B(8)いきなり飛び出しました。辛うじて嘴がフレーム内に収まっていました。
category
キツツキ科

アオゲラ

例年に比べ1か月程遅い、アオゲラの子育ての様子を見る事が出来ました。

DSC_0534-アオゲラ♀-B
(1)♀親です。前頭部に赤い斑が有りません。

DSC_0778-アオゲラ雛-B(2)雛が巣穴から頸まで出して外の様子を見ています。
  お腹が減って親に餌の催促でしょうか。

DSC_0607-アオゲラ♀-B
(3)♀親が餌を持って雛の待つ巣穴に戻ってきました。

DSC_0625-アオゲラ♀-B
(4)実際は餌場で捕らえたアリの卵等をその場で飲み込み、一旦そのうに貯め込んで、
 雛にはそのうから吐き戻して与えていました。

DSC_0934-アオゲラ♂逆毛-B(5)今度は♂親です。トレードマークの赤い頭髪を逆立てていました。

DSC_0861-アオゲラ♂-B(6)♂親の給餌です。

DSC_2270-アオゲラ-B(7)♂親がウワミズザクラの実を見返り風につまんでいました。

DSC_2293-アオゲラ-B(8)雛に美味しいサクランボを食べさせてあげたい、親心?かも知れません。







category
キツツキ科

夏のレストラン、その2

夏のレストランの2回目です。
今回は前回登場のオナガ以外のお客様です。
桜の実も熟成が進み色々なお客様が、サクランボを食べていました。

DSC_8207-上溝桜&ムクドリ-B(1)最初はムクドリです。
  今年生まれの若鳥が集団で来るので、実が無くなってしまうのではと心配です。

DSC_8213-ウワミズザクラ&ムクドリ-B(2)食べきれなくてお持ち帰りです。

DSC_9277-ウワミズザクラ&ヒヨ-B(3)ヒヨドリです。

DSC_1100-上溝桜&ハシブトガラス-B(4)ハシブトガラスです。巨大な嘴で桜の実がどこにあるのか分かりません。

DSC_1108-上溝桜&ハシブトガラス-B(5)カラスが来ると他の鳥たちは怖がって、食事中でも何処かに行ってしまいます。

DSC_1199-上溝桜&アオゲラ♀-B(6)アオゲラの奥様です。滅多に来店されない貴重なお客様です。

DSC_1213-上溝桜&アオゲラ-B(7)アオゲラ奥様は期待した席には来てくれず、記念写真は空抜けとなりました。
  美味しいサクランボは堪能したようなので、次回来店に期待です。






category
キツツキ科