Entry Navigation

アリスイ

最近あちこちで見たアリスイです。

DSC_7666-アリスイ-B(1)最初はいつもの河原で見たアリスイです。ベニマシコを撮っていたら飛んできました。

DSC_8060-アリスイ-B(2)これからはいつもの公園で見たアリスイです。
  ここでは今の時期毎年葦原を焼きますが、焼け跡で初めてアリスイを見ました。

DSC_7865-アリスイ-B(3)アリスイが黒く焼け残った葦の茎の根元に舌を差し込んでします。
  逆光で撮っているので、舌がピンク色に透けて見えています。

DSC_8166-アリスイ-B(4)アリスイは次々と焼け残った葦の根元に、舌を指していきます。
  どうやら餌探しをしている様です。

DSC_8288-アリスイ-B(5)

DSC_8855-アリスイ-B(6)餌ゲットです。蟻の卵かと思いましたが、蛾の一種の幼虫だそうです。

DSC_8911-アリスイ-B(7)アリスイが大口を開いて、餌を飲み込む瞬間です。
  アリスイの動きは意外と早く、1/800秒程度のSSでは被写体ブレでした。







スポンサーサイト
category
キツツキ科

冬至

今日は1年で一番昼間の時間がが短い、と言われる冬至です。
冬至の日には柚子湯につかる習慣がありますが、今日は冬至とは思えない暖かさで、
水場ではアオゲラ♀が柚子湯かどうか知りませんが、水浴びをしていました。

DSC_9853-アオゲラA-B(1)キツツキ特有の強靭な尾羽で水を跳ね上げています。

DSC_9880-アオゲラ-B(2)

DSC_9881-アオゲラ-B(3)

DSC_9865-アオゲラ-B(4)あらいい湯です事と言っているかもです。

DSC_9897-アオゲラ-B(5)

DSC_9899-アオゲラ-B(6)大胆にも潜水です。

DSC_9900-アオゲラ-B(7)何秒潜っていられるか。

DSC_9886-アオゲラ-B(8)ああらいい気持ち、至福の時間でしたわ。







category
キツツキ科

朴の木

前回朴の木絡みのキツツキを撮ってから、別の場所でほぼ1か月ぶりの撮影です。
朴の木の果実の熟しかたは異なりますが、ここにもアオゲラ、アカゲラ来てくれました。

DSC_7029-アオゲラ-B(1)朴の木の果実に掴まって赤い種子を探すアオゲラです。

DSC_7120-アオゲラ-B(2)見事実をゲットです。

DSC_6728-アオゲラ-B(3)こちらは頭の赤が後頭部から前頭部まであるので♂です。

DSC_6467-アカゲラ-B(4)アカゲラもきました。

DSC_6474-アカゲラ-B(5)後頭部が見えました。この個体は赤色が無いので♀です。
  久しぶりにアオ、アカ同じ所で撮れて、木の実の誘因力パワーを再確認です。







category
キツツキ科

春のアリスイ

いつもは地味なアリスイですが、今回春らしい花絡みで撮る事が出来ました。

DSC_6234-桜アリスイ-B(1)ソメイヨシノ

DSC_6266-アリスイ-B(2)ボケとレンギョウ

DSC_6300-桜アリスイ-B(3)ソメイヨシノ

DSC_6276-桜アリスイ-B(4)嬉しい事にソメイヨシノが咲いた枝にも止まってくれました。





category
キツツキ科

マユミ&コゲラ

ぶら下がりでマユミの実を咥えるコゲラです。

DSC_4408-マユミ&コゲラ-B
(1)

DSC_4499-マユミ&コゲラ-B
(2)

category
キツツキ科