Entry Navigation

アシ原

お正月三日目なので初撮り考えましたが、結局鳥撮りには行きませんでした。
という訳で去年の暮れ撮影の積み残し分から、コミミズクとコチョウゲンボウです。

DSC_1274-コミミズク-B(1)こちらを向いてくれました。この日はどん曇りで、3時過ぎでも薄暗かったです。

DSC_1320-コミミズクA-B(2)餌探しです。草の丈が長いので草の中に入ると、鳥の姿が見えません。

DSC_1431-コミミズク-B(3)

DSC_1689-コミミズク-B(4)大口を開けた所ですが、何だか良く分かりませんね。

DSC_1832-コミミズク-B(5)うまい具合に道路の際に降り立ちました。ネズミを捕まえたでしょうか。

DSC_1834-コミミズク-B(6)コミミが反対方向に飛び出しました。拡大するとしっかりネズミをゲットです。

DSC_1841-コチョウゲン-B(7)1羽の小さい猛禽らしき物が、薄暗い中をハイスピ-ドで飛びました。
  慌ててカメラを向けます。 写っていたのは♀コチョウゲンボウでした。

DSC_1845-コチョウゲン-B(8)少し前にコチョウゲン探しで田んぼ巡りをしましたが、その時はダメでした。














スポンサーサイト
category
フクロウ科

コミミズク

今季は今まで偶然にも近場で、何度かコミミズクの撮影機会が有りましたが、
今回は実績のある越冬地での撮影です。

DSC_4503-コミミズク-B(1)コミミ遠望です。
  今の時期は日暮れが早いですが、幸運にも陽の高い時間から飛んでくれました。

DSC_4484-コミミズク-B(2)

DSC_4545-コミミズク-B(3)菜の花(?)の上を飛んでくれました。

DSC_4560-コミミズク-B(4)今の時期に菜の花絡みで撮れるとは嬉しい限りです。

DSC_4505-コミミズク-B(5)左上に鳥影が。ライバル出現です。

DSC_4631-コミミズク-B(6)ライバルとのバトルです。

DSC_4737-コミミズク-B(7)急上昇です。

DSC_4740-コミミズク-B(8)休憩のため杭に飛び付き寸前です。

DSC_5201-コミミズク-B(9)スローシャッターで翼をぶらします。

DSC_5203-コミミズク-B(10)

DSC_5260-コミミズク-B(11)沢山撮ったので長くなってしまいましたが、最後の画像です。
  遥か遠くでネズミを掴んで飛んでいました。狩りのシーンは遠すぎました。










category
フクロウ科

冬は猛禽(コミミズク編)

今季3度目のコミミズクです。
いつも同じような空抜け画像ですが、撮影距離が近く今回が一番クリアに撮れました。

DSC_7463-コミミズク-B(1)

DSC_7486-コミミズク-B(2)

DSC_7498-コミミズク-B(3)

DSC_7549-コミミズク-B(4)

DSC_7419-コミミズク-B(5)

DSC_7422-コミミズク-B(6)カラスがコミミの尾羽を嘴で引っ張ています。
  すでにコミミの尾羽はカラスの執拗な攻撃で、傷みがひどくなってきています。

DSC_7424-コミミズク-B(7)

DSC_7446-コミミズクA-B(8)今回カラスの攻撃は、望遠レンズに収まり切れない30羽以上の群れでした。
  コミミズクは何時まで居てくれるのでしょうか。







category
フクロウ科

コミミの災難 その2

コミミの災難の2回目はカラスとのバトルです。

DSC_3982-コミミズク-B(1)オオタカを振り切って安心と思っていたら、背後に鳥の気配です。

DSC_3995-コミミズク-B(2)しつこいカラスにまたも追いかけられるています。

DSC_4007-コミミズク-B(3)コミミも反撃します。

DSC_4053-コミミズク-B(4)カラスはコミミの翼に嘴でアタックです。

DSC_4057-コミミズク-B(5)カラスは騒動で駆け付けた仲間も増え、7対1でコミミを追い回します。

DSC_4099-コミミズク-B(6)最終的には10対1です。

DSC_4166-コミミズク-B(7)最後は前回の様に高く舞い上がり、カラスの攻撃から辛うじて逃れました。
  コミミの餌取りシーンを見たい所ですが、現状では少し無理な願望の様です。






category
フクロウ科

コミミの災難 その1

コミミの災難その1はオオタカ偏です。

DSC_3899-コミミズク-B(1)遥か遠くの木立の前を、のんびりと通過するコミミズクです。

DSC_3924-コミミズク-B(2)そこに突然猛禽の気配が。慌てて旋回するコミミです。

DSC_3925-コミミズク-B(3)猛禽の正体はオオタカ若鳥でした。コミミに狙いを定め、足を伸ばしてアッタク態勢です。

DSC_3926-コミミズク-B(4)次のカットです。危険を察知したコミミは、身をかわしてオオタカの攻撃をかわします。

DSC_3927-コミミズク-B(5)両者の距離が離れました。オオタカのアタック完全に失敗です。

DSC_3937-コミミ、オオタカ-B(6)オオタカは再度アタックすべく尾羽全開で制動をかけ、コミミめがけて突っ込みます。

DSC_3938-コミミズク-B(7)次のカットです。オオタカは足を伸ばし、尾羽を開いてブレーキをかけます。
  コミミとの距離約1メートルです。

DSC_3939-オオタカ-B(8)次のカットです。狩りは成功するか、コミミの運命は。

DSC_3940-コミミズク-B(9)次のカットです。オオタカは尾羽全開でアタックしましたが、狩りは失敗です。
  若いオオタカにとってコミミは大変なご馳走ですが、狩りの技術の未熟さが出た様です。

DSC_3950-コミミズク-B(10)最後の画像です。オオタカの攻撃から逃れたコミミは、安全な高所を飛んで行きました。











category
フクロウ科