Entry Navigation

山陰の森

久し振りに関西方面の探鳥地に行ってきました。
狙いは普通型のコノハズクでしたが、撮れたのは1羽の赤色型のみでした。
時間の経過に伴う太陽光線の変化があるので、画像は撮影順に掲載いたします。

DSC_4700-コノハズク-AB(1)目を閉じて寝ています。夜行性なのでこれが通常です。

DSC_4706-コノハズク-B(2)薄目を開けました。太陽光は左奥からです。

DSC_4822-コノハズク-B
(3)実際は暗いので明るめに調整しています。

DSC_4834-コノハズク-B
(4)上とほぼ同じカットですが、分かり易い様に大きくトリミングです。
  羽角を立てて、目も大きく見開いています。

DSC_4867-コノハズク-B(5)太陽光を避けて右を向きました。光線の影響でモヤがかかっている様です。

DSC_4958-アカショウビン-B(6)こんなのもいました。アカショウビンです。

DSC_4962-アカショウビン-B(7)尾を上げました。時間の関係でこれだけ撮って引き上げました。







スポンサーサイト
category
フクロウ科

アシ原

お正月三日目なので初撮り考えましたが、結局鳥撮りには行きませんでした。
という訳で去年の暮れ撮影の積み残し分から、コミミズクとコチョウゲンボウです。

DSC_1274-コミミズク-B(1)こちらを向いてくれました。この日はどん曇りで、3時過ぎでも薄暗かったです。

DSC_1320-コミミズクA-B(2)餌探しです。草の丈が長いので草の中に入ると、鳥の姿が見えません。

DSC_1431-コミミズク-B(3)

DSC_1689-コミミズク-B(4)大口を開けた所ですが、何だか良く分かりませんね。

DSC_1832-コミミズク-B(5)うまい具合に道路の際に降り立ちました。ネズミを捕まえたでしょうか。

DSC_1834-コミミズク-B(6)コミミが反対方向に飛び出しました。拡大するとしっかりネズミをゲットです。

DSC_1841-コチョウゲン-B(7)1羽の小さい猛禽らしき物が、薄暗い中をハイスピ-ドで飛びました。
  慌ててカメラを向けます。 写っていたのは♀コチョウゲンボウでした。

DSC_1845-コチョウゲン-B(8)少し前にコチョウゲン探しで田んぼ巡りをしましたが、その時はダメでした。














category
フクロウ科

コミミズク

今季は今まで偶然にも近場で、何度かコミミズクの撮影機会が有りましたが、
今回は実績のある越冬地での撮影です。

DSC_4503-コミミズク-B(1)コミミ遠望です。
  今の時期は日暮れが早いですが、幸運にも陽の高い時間から飛んでくれました。

DSC_4484-コミミズク-B(2)

DSC_4545-コミミズク-B(3)菜の花(?)の上を飛んでくれました。

DSC_4560-コミミズク-B(4)今の時期に菜の花絡みで撮れるとは嬉しい限りです。

DSC_4505-コミミズク-B(5)左上に鳥影が。ライバル出現です。

DSC_4631-コミミズク-B(6)ライバルとのバトルです。

DSC_4737-コミミズク-B(7)急上昇です。

DSC_4740-コミミズク-B(8)休憩のため杭に飛び付き寸前です。

DSC_5201-コミミズク-B(9)スローシャッターで翼をぶらします。

DSC_5203-コミミズク-B(10)

DSC_5260-コミミズク-B(11)沢山撮ったので長くなってしまいましたが、最後の画像です。
  遥か遠くでネズミを掴んで飛んでいました。狩りのシーンは遠すぎました。










category
フクロウ科

冬は猛禽(コミミズク編)

今季3度目のコミミズクです。
いつも同じような空抜け画像ですが、撮影距離が近く今回が一番クリアに撮れました。

DSC_7463-コミミズク-B(1)

DSC_7486-コミミズク-B(2)

DSC_7498-コミミズク-B(3)

DSC_7549-コミミズク-B(4)

DSC_7419-コミミズク-B(5)

DSC_7422-コミミズク-B(6)カラスがコミミの尾羽を嘴で引っ張ています。
  すでにコミミの尾羽はカラスの執拗な攻撃で、傷みがひどくなってきています。

DSC_7424-コミミズク-B(7)

DSC_7446-コミミズクA-B(8)今回カラスの攻撃は、望遠レンズに収まり切れない30羽以上の群れでした。
  コミミズクは何時まで居てくれるのでしょうか。







category
フクロウ科

コミミの災難 その2

コミミの災難の2回目はカラスとのバトルです。

DSC_3982-コミミズク-B(1)オオタカを振り切って安心と思っていたら、背後に鳥の気配です。

DSC_3995-コミミズク-B(2)しつこいカラスにまたも追いかけられるています。

DSC_4007-コミミズク-B(3)コミミも反撃します。

DSC_4053-コミミズク-B(4)カラスはコミミの翼に嘴でアタックです。

DSC_4057-コミミズク-B(5)カラスは騒動で駆け付けた仲間も増え、7対1でコミミを追い回します。

DSC_4099-コミミズク-B(6)最終的には10対1です。

DSC_4166-コミミズク-B(7)最後は前回の様に高く舞い上がり、カラスの攻撃から辛うじて逃れました。
  コミミの餌取りシーンを見たい所ですが、現状では少し無理な願望の様です。






category
フクロウ科