Entry Navigation

春の沼

春の沼に立ち寄ってみました。
沼の周りには桜が植えられ満開でした。

DSC_0730-ユリカモメ-B(1)桜の上を白い物が飛んでいます。今の時期コアジサシは早すぎます。
   正体はユリカモメでした。

DSC_0732-ユリカモメ-B(2)無理矢理桜の中にユリカモメを入れてみました。

DSC_0673-ユリカモメ-B(3)鳥との距離が近すぎると、空抜けになって桜が入りませんでした。

DSC_0602-ヘラブナ-B(4)稲作用に水を入れ始めた、沼の中を覗いてみるとヘラブナです。

DSC_0605-ヘラブナ-B(5)立派なヘラブナです。30センチ以上を尺上と言ってヘラ師憧れの体長です。

DSC_0619-ヘラブナ-B
(6)春は魚たちにとっても恋の季節です。









スポンサーサイト
category
カモメ科

早春の海 その3

早春の海の3回目は、ミツユビカモメです。
今季はミツユビカモメの飛来が多い様で、若い個体も見る事が出来ました。

DSC_1438-ミツユビカモメ-B(1)まずは定番の成鳥冬羽です。

DSC_1474-ミツユビカモメ-B(2)2羽です。

DSC_1459-ミツユビカモメ-B(3)飛び物です。

DSC_1508-ミツユビカモメ-B(4)背面です。

DSC_0765-ミツユビカモメ-B(5)嘴が黒いので第1回冬羽と思われます。

DSC_1519-ミツユビカモメ-B(6)これからの3画像は第1回夏羽と思われる個体です。

DSC_1743-ミツユビカモメ-B(7)やっとフレームに収まるくらいの近くを飛びました。黄色い嘴と黒い先端です。

DSC_1837-ミツユビカモメ-B(8)背面を見せました。黒いラインがМ字形に見えます。








category
カモメ科

可愛い魚ハンター

いつもの様に河原を眺めていると、何やら白い物が飛んで行きます。

DSC_4629-ユリカモメ-B(1)何だろうとカメラで撮影してみると、最近たまに見るユリカモメの小群でした。

DSC_4631-ユリカモメ-B(2)小群が河原の水の中に入りました。状況不明ですが、とりあえずシャッターを押します。

DSC_4633-ユリカモメ-B(3)先頭の一羽が魚を咥えて飛び出しました。足の色が赤いので成鳥の様です。

DSC_4634-ユリカモメ-B(4)次のカットです。先頭のユリが魚を咥えているのがはっきり分かります。
  実測では約130メートルの距離ですが、カメラを向けて思わず美味しい場面に遭遇です。

DSC_4859-キジ-B(5)川の手前に目を向けると、何かが急に飛び出しました。
   慌ててシャッターを押すと、キジの♀の様です。




category
カモメ科

クロハラアジサシ

いつもの沼にクロハラアジサシの小群が来ていました。

DSC_3256-クロハラアジサシ-B(1)換羽が進んでいますが、夏羽の面影を残した個体です。

DSC_3467-クロハラアジサシ-B(2)こちらは幼鳥。大口を開けて何と言っているのでしょうか。

DSC_3494-クロハラアジサシ-B(3)翼を思いっきり伸ばしています。

DSC_3284-クロハラアジサシ-B(4)真後を向いての狩りです。
  クロハラの狩りはコアジサシと違い、水面近くの魚を嘴で挟み取る事が多いです。

DSC_3290-クロハラアジサシ-B(5)上の画像から3カット目で、やっとクロハラが咥えている魚が見えました。


DSC_3683-クロハラアジサシ-B(6)別のカットですが近くで撮れました。

DSC_3763-クロハラアジサシ-B(7)獲った獲物は飛びながら、すぐに食べてしまうことが多いですが、
  この時は魚を咥えtまま遠くに飛んで行きました。







category
カモメ科

クロハラアジサシ

レンカクがいた沼にはクロハラアジサシもいました。

DSC_5009-クロハラアジサシ-B(1)

DSC_5008-クロハラアジサシ-B(2)頭の向きを変えました。この個体は羽衣の色合いから幼鳥のようです。

DSC_5331-クロハラアジサシ-B(3)雨中の飛び物です。この日は天気が不安定で、土砂降りも何度かありました。
  後方斜めからの撮影ですが、鳥の腰は灰色です。

DSC_5611-クロハラアジサシ-B(4)今度は晴天遠望です。

DSC_5401-クロハラアジサシ-B(5)近くを飛びました。沼の獲物を狙ってゴマ塩頭を下げています。

DSC_5620-クロハラアジサシ-B(6)遥か遠くで小魚を捕まえ、嬉しそうに辺りを飛び回るクロハラです。

DSC_5815-クロハラアジサシ-B(7)おまけの画像です。24年10月初旬この沼での撮影で、クロハラの群れ22羽です。
  太平洋岸を通過した台風の影響で、近隣の湖沼にも50羽100羽の単位で入りました。





  


category
カモメ科