Entry Navigation

秋の沼Ⅲ

秋の沼の3回目はヨーロッパトウネンです。
希少種のヨーロッパトウネンをこの沼で見るのは初めてでした。

DSC_9386-ヨーロッパトウネン-B(1)沼の水を落とした所が干潟状態なので、ヨロネンを間近で見る事が出来ました。

DSC_9060-ヨーロッパトウネン-B(2)上から覗く感じなので、特徴のⅤ字斑もくっきりです。

DSC_7750-ヨーロッパトウネン-B(3)強烈なピーカン真逆光になりました。ソフトの力を借りて海辺の雰囲気です。

DSC_7521-ヨーロッパトウネン-B(4)採餌の様子です。
  ヨロネンはアカムシ(ユスリカの幼虫)を好んで食べていました。

DSC_7266-ヨーロッパトウネン-B(5)上と同じ様ですが別のシーンです。ブログでもアカムシの赤いのが分かります。

DSC_8889-ヨーロッパトウネン-B(6)2羽で水浴びです。

DSC_8901-ヨーロッパトウネン-B(7)羽をあげての豪快な水浴びを期待しましたが、ブルブルで終わりでした。

DSC_9102-ヨーロッパトウネン-B(8)ヨロネンは3羽いました。近すぎて3羽全部にピントが来ません。
  3羽は幼羽の様です。長く居てくれて羽衣の変化が楽しめたら最高です。









スポンサーサイト
category
シギ科

秋の沼Ⅱ

秋の沼の2回目です。今回は秋から冬にかけての沼の定番、オジロトウネンです。
この辺の沼や休耕田には毎年の様にやって来るので、すっかりおなじみの鳥ですが、
今年は8月の天候不順で初見が遅れ、今頃になってやっと嬉しい再会となりました。

DSC_9130-オジロトウネン-B(1)沼の水が引いて干潟状態なった所に現れたオジロトウネンです。

DSC_9162-オジロトウネン-B(2)水辺に来ました。光線状態がよくなりました。

DSC_9348-オジロトウネン-B(3)さらによい光の条件です。
  黄色い足が目立ちます。羽衣は全体的に特徴のない冬羽です。

DSC_9273-オジロトウネン-B(4)泥の中に嘴を突っ込んで餌探しです。ご馳走は何でしょうか。

DSC_7658-オジロトウネン-B(5)こちらは幼鳥です。雨覆や風切羽に黒色のサブターミナルバンドが特徴的です。

DSC_6923-オジロトウネン-B(6)オジロトウネンと後方には会えて嬉しいヨーロッパトウネンです。






category
シギ科

休耕田

前回に続きシギチ探しです。
稲刈りの終った田んぼの次は定番の休耕田です。

DSC_0485-トウネン-B(1)まずはトウネンです。
  今の時期干潟では数多く見られますが、田んぼらしく水面に緑を入れて1枚です。

DSC_0533-ヒバリシギ-B(2)待望のヒバリシギです。雨の後で稲の葉っぱに水滴がついていました。

DSC_0138-ヒバリシギ-B(3)ヒバリシギが翼を持ち上げました。隣はトウネンです。

DSC_0092-ヒバリ&トウネン-B(4)ヒバリシギとトウネンのご対面です。

DSC_9730-タカブシギ-B(5)遠くにタカブシギもいました。

DSC_0226-タカブ&タシギ-B(6)更に奥にはタシギもいます。

DSC_0190-タカブシギ-B(7)何かに驚いたタカブが飛び出しました。旋回してまた休耕田に戻る所です。



  



category
シギ科

エリマキシギ

戻りのシギチを求めて8月半ばから、近場のシギチポイントに何度か足を運びましたが、
今季は今頃になってやっとそれらしい出会いが有りました。

DSC_8998-エリマキシギ-B(1)今季初出会いのシギは、稲刈りの終った田んぼにいた3羽のエリマキシギでした。
 最初50メール上離れたところにいましたが、少しづつこちらに近づいてきました。

DSC_9046-エリマキシギ-B(2)大きい方が伸びをしました。大きさが違うので左♂右♀のようです。

DSC_9109-エリマキシギ-B(3)刈った稲の方をのぞき込んで餌探しです。
  エリマキは水中で餌を探すほか、植物の茎や葉に付いた虫をよく探しています。

DSC_9156-エリマキシギ-B(4)♀1羽。

DSC_9197-エリマキシギ-B(5)左右で上面の色合いが少し違います。個体差でしょうか。

DSC_9188-エリマキシギ-B(6)3羽並ばないかと期待していた所、幸運にも3羽並びました。
  先頭の2羽が♀で最後の大きいのが♂のようです。全て幼鳥です。

DSC_9218-エリマキシギ-B(7)♂の最接近です。
  この個体は幼羽ですが、今年春の成鳥夏羽個体を思い出しました。









category
シギ科

エリマキシギ

田植えの時期の田んぼに、夏羽のエリマキシギが1羽いました。

DSC_5784-エリマキシギ-B(1)夏羽♂の個体は羽衣の変化の個体差が大きいです。この個体は黒っぽい。

DSC_6053-エリマキシギ-B(2)首の飾り羽がまだ見当たりません。

DSC_6098-エリマキシギ-B(3)田植えの終わった田んぼを歩いています。

DSC_5410-エリマキシギ-B(4)餌ゲットです。

DSC_5294-エリマキシギ-B(5)正面向きで羽繕いを始めました。首の羽が逆立っていますが、飾り羽は無い様です。

DSC_5347-エリマキシギ-B(6)体をブルブル振るわせました。頭や首の羽毛が、まるでバファローの様です。

DSC_6126-エリマキシギ-B(7)

DSC_6007-エリマキシギ-B(8)以下の3画像はお約束の飛び物です。まずは下面です。

DSC_6015-エリマキシギ-B(9)

DSC_6021-エリマキシギ-B(10)着水態勢に入りました。今度は上面がしっかりと見えています。










category
シギ科