Entry Navigation

エリマキシギ

田植えの時期の田んぼに、夏羽のエリマキシギが1羽いました。

DSC_5784-エリマキシギ-B(1)夏羽♂の個体は羽衣の変化の個体差が大きいです。この個体は黒っぽい。

DSC_6053-エリマキシギ-B(2)首の飾り羽がまだ見当たりません。

DSC_6098-エリマキシギ-B(3)田植えの終わった田んぼを歩いています。

DSC_5410-エリマキシギ-B(4)餌ゲットです。

DSC_5294-エリマキシギ-B(5)正面向きで羽繕いを始めました。首の羽が逆立っていますが、飾り羽は無い様です。

DSC_5347-エリマキシギ-B(6)体をブルブル振るわせました。頭や首の羽毛が、まるでバファローの様です。

DSC_6126-エリマキシギ-B(7)

DSC_6007-エリマキシギ-B(8)以下の3画像はお約束の飛び物です。まずは下面です。

DSC_6015-エリマキシギ-B(9)

DSC_6021-エリマキシギ-B(10)着水態勢に入りました。今度は上面がしっかりと見えています。










スポンサーサイト
category
シギ科

タシギ

近くの池に越冬タシギが来ていました。

DSC_4090-タシギ-B(1)2月も半ばを過ぎ、青々とした春の芽吹きの中で餌を探すタシギです。

DSC_4098-タシギ-B(2)長い嘴を地中深く突っ込んで餌を探します。

DSC_4131-タシギ-B(3)大きなミミズをゲットです。

DSC_4140-タシギ-B(4)あまりの大きさになかなか飲み込めません。

DSC_4165-タシギ-B(5)大きなミミズを平らげた後、休むことなく次の餌探しです。
  次に見つけたのは、少しわかり難いですがザリガニの子供です。

DSC_4172-タシギ-B(6)こちらの絵の方が分かり易いですね。

DSC_4212-タシギ-B(7)美味しい食事の後はのんびりと羽繕いです。
  こちらは尾羽全開を期待しましたが、尾羽は開きませんでした。






category
シギ科

オジロトウネン

いつもの沼に越冬オジロトウネンがいました。

DSC_3797-オジロトウネン-B(1)オジロトウネンは2羽いました。

DSC_3802-オジロトウネン-B(2)2羽は羽衣の色が違うようなので、同じ様な横並びの絵です。
  奥の方が色が濃く見えます。理由がよく分からないので、個体差にしておきます。

DSC_3823-オジロトウネン-B(3)嘴の先端近くに獲物が見えていますが、小さくて何だか分かりません。

DSC_4019-オジロトウネン-B(4)餌探しです。

DSC_3982-オジロトウネン-B(5)1羽飛んで来て全部で3羽になりました。
  秋には幼鳥をよく見かけますが、今の時期は冬羽になっているのでしょうか。







category
シギ科

沼と田んぼ

各地に猛威を振るった台風16号も、温帯低気圧になって太平洋に抜けたようなので、
鳥見を再開してみました。
行った先はいつもの沼と田んぼでした。

DSC_2366-アマサギ-B(1)沼は水量が増えて、今まで賑わった干潟はほとんど水面下でした。
   シギチはお馴染みさんが多くパスし、ほとんど白くなったアマサギを撮りました。

DSC_2498-タシギ-B(2)次は田んぼです。青空でのタシギの飛翔狙いです。13羽。

DSC_2499-タシギ-B(3)トリミングして8羽です。

DSC_2610-タシギ-B(4)こちらに群れが向かってきます。
  本気モードで飛ぶとメチャ早いです。あっという間に通過し当然ピンボケでした。

DSC_2642-タシギ-B(5)旋回を待って腹打ちです。

DSC_2632-タシギ-B(6)一番撮りたかったのは、田んぼすれすれに飛ぶタシギの群れでしたが、
  なかなかチャンスが無いので、今回は森の緑バックです。

DSC_2656-ノビタキ-B(7)タシギを撮っていると、遠くにノビタキを見つけました。一応花とノビタキです。

DSC_2666-ノビタキ-B(8)少し近寄って1枚です。まだ居場所が不安定で、その後見失ったままでした。
  とりあえず秋のノビタキが撮れたという事です。






category
シギ科

ノビタキ探し

秋の定番のノビタキ探しに、稲刈りの終わった田んぼに行ってみました。
結果は以下の通りです。

DSC_1786-オオヨシキリ-B(1)オオヨシキリ。今の時期は鳴かないので、見つけた時は新鮮に感じました。

DSC_1818-ヨシゴイ-B(2)ヨシゴイ。こちらも想定外な嬉しい出会いでした。

DSC_1819-ヨシゴイ-B(3)

DSC_1810-タシギ-B(4)タシギ。こちらは想定内です。次列風切の先の白班が白い線となっています。
  尾羽は通常14枚と言われていますが、パッと見そんな感じです。

DSC_1813-タシギ-B(5)

DSC_1859-タシギ-B(6)タシギの群れがたまに飛びます。

DSC_1868-モズ-B(7)モズは数が多くなっています。私は今季初撮りです。

DSC_1879-宗岡モズ-B(8)モズの下をチョウチョが飛んでいました。捕まえるかと思いましたが、
  何事も起こりませんでした。
  と言うことで、今回はノビタキとの出会いは有りませんでした。モズが居ついている様で
  ノビタキが嫌って移動しているのかも知れません。









category
シギ科