Entry Navigation

ミヤコドリ

干潟にいたミヤコドリです。
越冬のため飛来しますが、白黒の姿に赤い嘴で干潟の人気ものです。

DSC_2485-ミヤコドリ-Bこの個体は嘴の先端が黒ずんでいて、背中も黒くはないので若い個体のようです。

DSC_3231-ミヤコドリ-B別の場所ですが、餌を探すミヤコドリです。嘴が赤くて長いニンジンのようです。

DSC_4416-ミヤコドリ-B群れが干潟の水際に降り立つ所を前方からのカットです。黒に赤が目立ちます。

DSC_4420-ミヤコドリ-B画像の数えられる範囲では18羽見えます。実際はこの倍はいたでしょうか。
最近は毎年見られる普通の光景ですが、これ程集まるのは全国的にも珍しい様です。



スポンサーサイト
category
ミヤコドリ科

ミヤコドリ

今日はミヤコドリです。
この春のシギチ探しでは、一度も浜辺に行きませんでした。
これからはアジサシの季節ですが、今年はどこも飛来数が少ないようです。
そんななか、ふとミヤコドリが頭に浮かびました。

DSC_0454-200102三番瀬ミヤコドリ-B三番瀬 平成20年1月初旬。

DSC_2491-220102三番瀬ミヤコドリ-B貝殻が嘴に挟まっています。同上

DSC_2499-220102三番瀬ミヤコドリ-B貝殻が嘴に挟まったまま飛び出しました。

DSC_3157-220223片貝漁港ミヤコドリ-NTB波を背にしたミヤコドリです。大波が来た時がシャッターチャンスです。片貝海岸 22年2月下旬。

DSC_3249-220223片貝漁港ミヤコドリ-NTB何か餌を見つけたようです。

DSC_3199-220223片貝漁港ミヤコドリ-B最後の画像です。こちらに迫り来るミヤコドリです。恐ろしい顔つきです。トリミング。







category
ミヤコドリ科