Entry Navigation

ツミ

ミズキに集まるヒタキの仲間を待っていたら、猛禽らしきものが突っ込んできました。

DSC_3222-ツミ-B(1)こんもりとしたミズキの間を探していたら、やはりツミがいました。
  まだ若さが残る♂です。

DSC_3252-ツミ-B(2)ツミが撮れたのは嬉しいですが、このツミは最近小鳥のいる所によく出没し
  結果小鳥を追い払うので、すっかり嫌われ者になっている個体の様です。

DSC_3295-ツミ-B(3)ツミが飛び出しました。フォーカスが間に合わず、ピン甘になっています。

DSC_3296-ツミ-B(4)その後のカットの方がピントが来ています。




スポンサーサイト
category
タカ科

猛禽デー その3

猛禽デーの3回目(最終回)はハヤブサです。
いつもの河原に今年もハヤブサ若が来ていました。
去年のハヤブサと同一個体か分かりませんが、この個体はご挨拶代わり?に
狩りのシーンを見せてくれました。

DSC_8101-ハヤブサ-B(1)オオタカが入ったと思われる樹間を見ていたら、いきなり猛禽が近くを通過です。
  オオタカにしては速すぎると思ったら、ハヤブサでした。

DSC_8103-ハヤブサ-B(2)慌ててシャッターを押しますが、あっという間に河原のほうです。

DSC_8122-ハヤブサ-B(3)ハヤブサは水面近くを飛びましたが、水際の人の背丈ほどある夏草に邪魔され
  見失いました。
  画像は狩りに失敗し旋回して戻る所です。

DSC_8114-イカルチドリ-B(4)ハヤブサが突っ込んだとみられる遥か遠くで、5,6羽の鳥の群れが
  一斉に飛び立ちました。
  鳥の種類は何だったのか気になりましたが、近くで撮影するとイカルチドリでした。
  最近遠ざかっていた猛禽ですが、はやり現地に行くと血が騒ぎます。



category
ハヤブサ科

猛禽デー その2

前回のブログの狩りの後、しばらく経ってまたオオタカがやって来ました。
今度も遠くて高い所を飛び画像鮮明ではありませんが、鳥枯れの時期でもあり、
ブログにアップしました。

DSC_8244-オオタカ-B(1)

DSC_8298-オオタカ-B(2)

DSC_8384-オオタカ-B(3)

DSC_8282-オオタカ-B(4)トビとのバトルです。

DSC_8285-オオタカ-B(5)

DSC_8401-オオタカ-B(6)どれも不鮮明な画像ばかりですが、今回は久し振りのオオタカで満足です。






category
タカ科

猛禽デー その1

台風一過で久し振りに晴天になったので、青空を飛ぶ猛禽狙いで出かけて来ました。
結果渡りの猛禽は見れませんでしたが、オオタカ、ハヤブサ等が飛んでくれました。
まずはオオタカの狩りの様子です。
撮影距離遠く画像は何れも大トリで画質悪いですが、狩りの様子は久し振りなので
敢えて掲載です。

DSC_8066-オオタカ-B(1)200メートル位先の横枝にオオタカ成鳥が止まっていました。

DSC_8085-オオタカ-B(2)止まっていたオオタカが向きを変えたので注視していたら、急に飛び出しました。

DSC_8086-オオタカ-B(3)

DSC_8087-オオタカ-B(4)手前の木の陰に入りました。ここで一瞬見失いました。

DSC_8089-オオタカ-B(5)数秒後オオタカの姿がまた見えました。
  オオタカの尾羽の奥の白い点々は、捕まえたドバト?の羽の様です。

DSC_8090-オオタカ-B(6)オオタカが翼を広げました。獲物はオオタカに隠れて見えません。

DSC_8091-オオタカ-B(7)オオタカの足が見えています。獲物をしっかり掴んでいます。
  今回狩りの瞬間を撮る事が出来ませんでしたが、これからの楽しみが出来ました。










category
タカ科

ミサゴ

いつもの河原で今年もミサゴです。
昨年の記録を調べてみたら11月18日撮影が有りました。
今年も居ついてくれるでしょうか。
最近は思うような鳥撮りが出来ないので、困ったときのミサゴになれば嬉しいです。
画像は撮影順に掲載いたします。

DSC_7828-ミサゴ-B(1)どんよりして蒸し暑い中、1羽のミサゴが下流に飛んで行きました。

DSC_7829-ミサゴ-B(2)翼を下げたところです。羽縁が淡色で幼鳥のようです。

DSC_7847-ミサゴ‐B(3)ただの通過と思っていたら、いきなり旋回を始めました。

DSC_7848-ミサゴ-B(4)高度を下げています。

DSC_7860-ミサゴ-B(5)残念。手前の草木に遮られ飛び込んだ所が見えませんでした。
  次にミサゴの姿が見れたのは遥か下流でした。

DSC_7862-ミサゴ-B(6)

DSC_7868-ミサゴ-B(7)ノートリです。川の周りはまだ草に覆われ、夏真っ盛りです。
  いつもならとっくに諦めていますが、今季初撮りなので追いました。

DSC_7873-ミサゴ-B(8)まだまだ水量が多いです。今年は餌となるアユの成育はどうなのでしょうか。









category
タカ科