Entry Navigation

ホオジロガモ

いつもの河原の上流へホオジロガモを見に行ってきました。
風もそこそこ吹いていたので、何かパフォーマンスでもと期待しましたが、
今回は♂1♀2の小群が、遠くで餌探しに専念しているだけでした。

DSC_8509-ホオジロガモ-B(1)今回出会えたのは、前を行く♀2羽と後ろに♂1羽の計3羽のみでした。

DSC_8478-ホオジロガモ-B(2)

DSC_8538-ホオジロガモ-B(3)♂が嘴を天に突き上げてディスプレイをしています。
   

DSC_8355-ホオジロガモ-B(4)♀もディスプレイです。
スポンサーサイト
category
カモ科

メジロガモ

郊外の小さな池に珍し系のメジロガモが来ていました。
メジロガモの撮影は去年の10月以来、およそ4か月振りとなりますが、この種が近隣に
何個体も来ているとは考え難いので、昨年撮影と同一個体かも知れません。

DSC_7812-メジロガモ-B(1)以前に長野まで行って外した事のあるメジロガモです。僅か4か月で嬉しい
再会です。
   このカモは前回撮影と同じような羽衣ですが、換羽はいつするのでしょうか?

DSC_7663-メジロガモ-B(2)特別な色彩の羽衣ではないので、何かパフォーマンス期待です。

DSC_7717-メジロガモ-B(3)

DSC_8009-メジロガモ-B(4)正面顔です。目が白いと何となく怖さを感じます。

DSC_8065-メジロガモ-B(5)最接近です。頬っぺたが膨らんでおたふくの様です。

DSC_8176-メジロガモ-B(6)お約束の羽パタパタです。隣は換羽中のホシハジロです。

DSC_8177-メジロガモ-B(7)

DSC_8190-メジロガモ-B(8)背景の色や形が立ち位置や時間の経過で色々変わります。私のお気に入りです。









category
カモ科

シマアジ

市街地を流れる小さな河川で越冬するシマアジです。

DSC_1316-シマアジ-B(1)波紋が渦の様になっています。

DSC_1350-シマアジ-B(2)ほとんど繁殖羽になっています。

DSC_1418-シマアジ-B(3)しかしよく見ると、太い媚斑は褐色味が残り、肩羽の飾り羽ももう少し
伸びそうです。

DSC_1499-シマアジ-B(4)顔を水中に突っ込んでお食事のようです。
   川の流れに生えた水草や藻を食べているのでしょうか。

DSC_1552-シマアジ-B(5)お食事シーンをもう1枚です。

これからの2画像は参考画像です。
DSC_9814-シマアジ-B(6)2016年2月7撮影分です。繁殖羽になりつつあるのが分かります。
   羽衣の変化は今年は早いのでしょうか。

DSC_9794-シマアジ-B(7)2017年4月5日撮影分です。媚斑は真っ白になり、肩羽の飾り羽も長いです。


category
カモ科

話題のカモ

珍し系のアカハシハジロがいるという事で、栃木県の調節池に行ってきました。
アカハシハジロは3年前の今頃、同じ栃木県で見ています。

DSC_4519-アカハシハジロ-B(1)3年ぶりのアカハシハジロ♂です。

DSC_4625-アカハシハジロ-B(2)池を右へ左へと行ったり来たりするので、自然と撮影枚数が増えました。
   同じような画像が多くなりましたが、変化のある画像を載せたいと思います。

DSC_4995-アカハシハジロ-B(3)正面顔です。3年前の撮影個体は上嘴の上部が黒かったですが、この個体は綺麗な
   ピンク色です。図鑑等によると、前回のが若い個体で今回は成鳥のようです。

DSC_5081-アカハシハジロ-B(4)嘴を開けてホシハジロを威嚇?していました。大きさもかなり違います。

DSC_5268-アカハシハジロ-B(5)タニシの様な物を咥えました。逆光で暗くなったのを大幅補正です。
  上下嘴に細かい歯がノコギリ状にあるのですが、ブログ画像では不鮮明かもです。

DSC_5445-アカカシハジロ-B(6)岸に上がって羽繕いをしています。足に注目すると、足ヒレの部分が黒いです。
   最初は黒く汚れているのかと思いましたが、これが普通のようです。


category
カモ科

メジロガモ

都市公園にある池に、珍し系のカモとなるメジロガモの♂が飛来しました。
秋の中頃に飛来したので、どの様な羽衣をしているのか興味深いところでしたが、
図鑑に出てくるような色合いでした。

DSC_9689-メジロガモ-B(1)訪問時は葦原に隠れていましたが、暫く待つと見える所に出てきました。
 ホシハジロ♂♀と一緒に移動するメジロガモです。

DSC_0288-メジロガモ-B(2)近づいてきました。取りあえず基本形を1枚です。頸を上げています。

DSC_0383-メジロガモ-B(3)今度は頸をひっこめています。

DSC_0401-メジロガモ-B(4)餌取りの様子です。嘴を開けて水面に浮いた水草を食べていました。

DSC_9998-メジロガモ-B(5)カモと言えばお約束のパタパタです。

DSC_0045-メジロガモ-B(6)パタパタを横からです。後方を飛ぶのはイソシギでしょうか。

DSC_0410-メジロガモ-B(7)羽繕いです。
  この日は最高気温29度が予想され、久々の暑さに一通りの撮影を終え撤退でした。








category
カモ科