Entry Navigation

河原散歩

市街地を流れる小さな河原を歩いてみました。

DSC_9794-シマアジ-B(1)メインターゲットのシマアジです。綺麗な繁殖羽になっていました。

DSC_9798-シマアジ-B(2)

DSC_9804-シマアジ-B(3)

DSC_9747-ハイタカ-B(4)空を見れば遥か遠くにハイタカです。
   今季はもうお終いかと思っていましたが、久し振りの嬉しい出会いです。

DSC_9753-ハイタカ-B(5)

DSC_9765-ホンセイインコ-B(6)樹間を見ればホンセイインコです。ペアで飛んでいました。







スポンサーサイト
category
カモ科

早春の海 その2

早春の海の2回目はウミアイサです。
ウミアイサは数はそこそこいるものの、遠かったり逆光だったりと撮影は
意外と難しく、♂の頭のグリーンが上手く出ませんでした。

DSC_1178-ウミアイサ-B(1)♂

DSC_1182-ウミアイサ-B(2)

DSC_0378-ウミアイサ-B(3)♀

DSC_1342-ウミアイサ-B(4)♂2羽

DSC_1376-ウミアイサ-B(5)向きを変えてもう1枚

DSC_1405-ウミアイサ-B(2)2羽が近くを通った漁船に驚いて、いきなり飛び出しました。
  逆光側を飛びましたが、何とか2羽をワンフレームに収める事が出来ました。



category
カモ科

アカハジロ

話題のアカハジロです。
前回26年12月に見たアカハジロは虹彩が黄色くて、他のカモとの交雑種
ではないかと言われました。
今回の個体も図鑑等の説明に出てくる虹彩の白い個体ではなく、前回同様
虹彩は黄色がかっていました。

DSC_5075-アカハジロ-B(1)

DSC_5077-アカハジロ-B(2)胸をそらせて羽ばたきの態勢に入りました。

DSC_5078-アカハジロ-B(3)羽ばたきが始まりました。

DSC_5079-アカハジロ-B(4)

DSC_5082-アカハジロ-B(5)

DSC_4709-アカハジロ-B(6)今回撮影中羽ばたきを数回しましたが、いづれも正面向きで、名前の由来の
  白い翼帯がよく見えませんでした。
  白い翼帯が見える画像を撮影分から見つけました。

DSC_4795-アカハジロ-B(7)体を180度近くひねってラッコスタイルに似ていました。







category
カモ科

before after

市街地を流れる小さな川に飛来したシマアジです。
シマアジは旅鳥ですので、滞在日数は少ないかと思いましたが
結構長居してくれています。
お陰でイルカの歌ではありませんが、春が来て君が綺麗になって
行く様子を観察することが出来ました。

DSC_0041-シマアジ-B(1)-1 この場所で初めての撮影です。横腹の茶褐色が目立ちます。

DSC_9846-シマアジ-B(1)-2 肩羽の飾り羽は申し訳程度です。

DSC_9915-シマアジ-B(1)-3 自慢の太い眉斑も薄汚れた感じです。

DSC_0975-シマアジ-B(2)-1 上の画像から6日後です。横腹の茶褐色が消えています。

DSC_1019-シマアジ-B(2)-2 飾り羽が太くなっていますが、長さが足りない様です。

DSC_1049-シマアジ-B(2)-3 左右で飾り羽の長さが違って見えますが、羽のたたみ方の違いでしょうか。

DSC_1759-シマアジ-B(3)-1 さらに6日後です。

DSC_1793-シマアジ-B(4)-2 この辺まで来ると、6日前と比べても羽衣の変化はあまりない様です。

DSC_1809-シマアジ-B(3)-3 餌探しに夢中です。いつまで居てくれるのでしょうか。

DSC_5679-200402シマアジ-B(4)違う場所ですが、以前4月2日の桜の散る頃の撮影です。
  完全な成鳥羽になって、長く立派な飾り羽と真っ白で太くて長い媚斑が特徴的です。








category
カモ科

続カモつながり

昨日NHK夜9時のニュースのエンディングで、川島町のコハクチョウを取り上げていました。
以前は餌やりや白鳥飛来地の看板を出して、町ぐるみで宣伝していましたが、鳥インフルエンザの
影響で餌やりも中止となり、飛来数も減少したようです。
NHKの画像を見て私も過去に撮影した記憶があるので、NHKと似た画像を探してみました。

DSC_5160-コハクチョウ-B(1)撮影日平成22年1月15日

DSC_5223-コハクチョウ-B(2)同上

DSC_5246-ハクチョウ-B(3)同上

DSC_3473-コハクチョウA-B(4)撮影日は同じですが明るくなってからです。


category
カモ科