Entry Navigation

アマサギ

アカガシラサギの次は、サギ繋がりでアマサギです。

DSC_3033-アマサギ-B(1)アカガシラサギのいた田んぼの近くには、アマサギの小群がいました。

DSC_3034-アマサギ-B(2)トラクターが代掻きした田んぼにアマサギは定番です。

DSC_2867-アマサギ-B(3)花の咲いた田んぼの畔に来ました。

DSC_2902-アマサギ-B(4)

DSC_3059-アマサギ-B(5)2羽が田んぼの中で餌探しです。

DSC_3054-アマサギ-B(6)餌ゲットです。アマサギが咥えたのはザリガニでした。

DSC_3032-チュウサギ-B(7)おまけの画像のチュウサギです。
  黄色の婚姻色が出て胸と背の飾り羽も綺麗な個体が、花の咲いた畔に来てくれました。



スポンサーサイト
category
トキ科

ヘラサギ

先日今年初めてのヘラサギを見に行ってきました。
季節が進んで大きなしゃもじの様な嘴の色も、多少黒く変化しているかと思いましたが
飛来当初と同じ様に見えました。

DSC_3028-ヘラサギ-Bかろうじて残雪とヘラサギです。

DSC_3100-ヘラサギ-B雪融け水で増水した沼で懸命に餌取りをしていました。

DSC_3127-ヘラサギ-B1、飛翔を期待しましたが餌取りとお寝んねの繰り返しで、なかなか飛んでくれません。
油断をしていたらいきなり飛び出しました。
飛び出しは撮れませんでしたが100m程飛んでくれました。

DSC_3128-ヘラサギ-B2、

DSC_3129-ヘラサギ-B3、

DSC_3130-ヘラサギ-B4、

DSC_3133-ヘラサギ-B5、お終い。







category
トキ科

スローシャッター

昨年の晩秋から楽しませてくれたヘラサギを、スローシャッターで狙ってみました。
全てISO感度100(基準感度200を100に減感)、絞り16の絞り優先での撮影です。
レンズの絞り値はより大きいのが有りますが、大人の事情でF16に決めました。
被写体の状況や背景によりSSが変化するので、画像ごとにSSを付記しました。
ヘラサギ10連発+1です。

DSC_3375-ヘラサギ-Bその1  1/100

DSC_3384-ヘラサギ-Bその2  1/125

DSC_3385-ヘラサギ-Bその3  1/100 上からの3画像はほぼ連続ですが、翼の状態でしょうか微妙にSSが違っています。

DSC_3477-ヘラサギ-Bその4  1/80

DSC_3505-ヘラサギ-Bその5  1/100

DSC_3538-ヘラサギ-Bその6  1/80

DSC_3546-ヘラサギ-Bその7  1/80

DSC_3629-ヘラサギ-Bその8  1/60 最低SSです。三脚で見上げる限界になりました。

DSC_3725-ヘラサギ-Bその9  1/100

DSC_3736-ヘラサギ-NTBその10  1/100 ノートリです。

DSC_3342-ヘラサギ-Bおまけの画像です。
  

  






    


category
トキ科

ヘラサギⅣ

ヘラサギの4回目、飛び出しから飛翔です。

DSC_0846-ヘラサギ-B餌を取っていたヘラサギが突然飛び出しました。

DSC_0848-ヘラサギ-B勢いよく羽ばたいています。
スローシャッターで撮れば背景が流れて、もう少し臨場感が出たでしょうが、
餌撮りにシャッター速度を合せていたので、羽のブレが少ないです。

DSC_0849-ヘラサギ-B翼が持ち上がりました。

DSC_0850-ヘラサギ-B高度も上がってきました。

DSC_0852-ヘラサギ-B脚が伸びて完全に飛翔状態に入りました。
斜光を浴びて鳥が赤く染まってきています。この辺は好みの別れる所です。

DSC_0854-ヘラサギ-Bさらに高度を上げます。

DSC_0856-ヘラサギ-B完全な空抜けになりました。

DSC_0857-ヘラサギ-Bこの後左旋回しました。ヘラサギはさらに高度上げ、池の上空を数回旋回しました。

DSC_0998-ヘラサギ-B旋回した画像の内、ヘラサギの特徴がよく分かる画像を選んでみました。

DSC_1041-ヘラサギ-B撮影位置からの光線がよ良くありませんが、前を向いた画像はこれだけだったので
採用しました。

DSC_1087-ヘラサギ-B距離は相当遠いですが、背面を見せて飛んでくれました。












category
トキ科

ヘラサギⅢ

沼のヘラサギの餌取りの様子です。
前回訪問時はヘラサギとの距離があり、取った獲物がなんだかよく分からない物も
多かったですが、今回は至近で餌取りをしてくれました。

DSC_0397-ヘラサギ-B近いとは言いつつも取る餌も小さいので、PCで拡大して餌を確定することが多いです。
丸まっていますが、獲物は魚のようです。

DSC_0503-ヘラサギ-B魚の頭の方を嘴で押さえています。これで10センチ弱でしょうか。

DSC_0510-ヘラサギ-B餌取り開始頃には日が傾き始めていたので、ヘラサギがスポットライトを浴びた様に
なってきました。

DSC_0628-ヘラサギ-B最接近での餌取りです。これ以上ですとレンズからはみ出します。

DSC_0725-ヘラサギ-B正面向きを狙いたいところですが、こちらの思うようにはいきません。
獲物は何だか分かりませんでした。

DSC_0761-ヘラサギ-B今度はほぼ正面です。白い魚が下嘴に張り付いています。
嘴を大きく開いて豪快に放り込むのを期待しますが、獲物が小さいのでこれが限度かな。

DSC_0802-ヘラサギ-B日が傾くにつれ、沼の水も赤味を帯びてきました。
ヘラサギはこの後突然飛び立ちました。










category
トキ科