Entry Navigation

アカガシラサギⅡ

アカガシラサギの飛び物です。
前回は水路の中でしたが、今回はいろいろ飛び回ってくれました。

DSC_6296-アカガシラサギ-B(1)まずは前回撮影の止まりものです。逆光ですが全身見えています。

DSC_7016-アカガシラサギ-B(2)真横を飛びました。

DSC_7045-アカガシラサギA-B(3)土手の緑バックです。スズメの群れも飛んでします。

DSC_7054-アカガシラサギ-B(4)高度を上げています。

DSC_7079-アカガシラサギ-B(5)遠望です。



スポンサーサイト
category
サギ科

アカガシラサギ

以前は珍し系と思っていたアカガシラサギですが、最近は見る機会が多いです。
今の時期は名前の由来の頭や頸の赤みが無いので、ゆっくりと出かけてみました。

DSC_6330-アカガシラサギ-B(1)アカガシラサギは稲刈りが終わった田んぼや、休耕田に生えた草の間を
  行き来していました。
  分かりづらいですが、サギの足元にはヒメジョオンの白い花が数輪咲いていました。

DSC_6375-アカガシラサギ-B(2)頭部から頸にかけて縦斑模様です。

DSC_6400-アカガシラサギ-B(3)全身が見えました。

DSC_6428-アカガシラサギ-B(4)アカガシラの美しさの本領発揮は飛び物なので当然に期待します。

DSC_6430-アカガシラサギ-B(5)この個体には翼に茶褐色の斑があり、風切先端が黒いです。  

DSC_6431-アカガシラサギ-B(6)と言う事はよくあるパターンですが、この個体は幼鳥ではないかと思われます。

DSC_6424-アカガシラサギ-B(7)オギ?の所に飛べばいいなと期待したシーンでしたが何と後向きです。
   次回以降のの楽しみに取って置きます。











  


category
サギ科

アオサギ

アオサギが泳いでいるのを初めて見ました。
珍しいのか普通なのかよく分からなかったので、ネットで検索したら議論もありました。

DSC_3354-アオサギ-B(1)アオサギは水に浮くのは間違いないようです。

DSC_3355-アオサギ-B(2)見下ろしで水もある程度済んででいるので、鳥の足の動きが分かります。

DSC_3356-アオサギ-B(3)

DSC_3360-アオサギ-B(4)

DSC_3368-アオサギ-B(5)突然飛び立ちました。

DSC_3369-アオサギ-B(6)







category
サギ科

ムラサキサギ

梅雨に入り緑が濃くなったいつもの田んぼに、ムラサキサギが飛来しました。

DSC_6582-ムラサキサギ-B(1)遠望です。畔の上に乗ってくれたので足も見えています。   

DSC_6776-ムラサキサギ-B(2)分かり易い様に大きくトリミングです。後にはカルガモです。
   後頭部に2本の長い冠羽が有りますが、飾り羽がないのでまだ若い個体でしょうか。

DSC_6779-ムラサキサギ-B(3)左の翼を伸ばしました。

DSC_6838-ムラサキサギ-B(4)今度は右の翼を伸ばしたところです。

DSC_6785-ムラサキサギ-B(5)左足で頸をカキカキしています。頭の黒い毛や頸の毛が逆立っています。

DSC_7045-ムラサキサギ-B(6)餌ゲットです。捕らえたのはドジョウの様です。

DSC_7976-ムラサキサギNT-B(7)飛翔シーンも期待しましたが飛ばなかったので、以前の撮影分からです。




















category
サギ科

田んぼのサギ

ツバメチドリがいた周辺の田んぼでは、トラクターが代掻き作業で田んぼを行き来し、
その後をサギたちが付いて、泥の中で餌探しをしていました。

DSC_7000-アマサギ-B(1)この時期定番のトラクターの後を追うアマサギです。全部で3羽いました。

DSC_7001-アマサギ-B(2)2羽のアマサギが接近しています。餌取りの成果を話しあっているのでしょうか。

DSC_7024-アマサギ-B(3)アマサギはトラクターが跳ね上げた、泥の中の獲物を狙っています。

DSC_7070-チュウサギ-B(4)田んぼにはチュウサギも来ていました。嘴が黒くなって飾り羽も見えます。

DSC_7073-チュウサギ-B(5)獲物はドジョウです。



category
サギ科