Entry Navigation

海へ  その2

漁港で出会った主なカモメの仲間です。ここでは3種取り上げます。

DSC_5511-ミツユビカモメ-B(1)今の時期よく見かけるミツユビカモメ成鳥冬羽です。

DSC_5531-ミツユビカモメ-B(2)ミツユビカモメ第一回夏羽に移行中? 嘴が黒から黄色に変化しつつあります。
   上面のM字斑が特徴的です。

DSC_5416-ミツユビカモメ-B(3)

DSC_5242-カモメ-B(4)ただカモメ成鳥冬羽です。

DSC_5243-カモメ-B(5)上と連続です。獲物ゲットかな。

DSC_5251-カモメ-B(6)カモメの水平飛行です。

DSC_5656-カナダカモメ1W-B(7)珍し系のカナダカモメです。第1回冬羽です。

DSC_5642-カナダカモメ1W-B(8)この場所には色んな種類のカモメが来ていましたが、この個体は
   左初列風切が傷んで識別のポイントにもなりました。

DSC_5646-カナダカモメ1W-B(9)飛び出しを狙いました。近すぎて羽の一部ががフレームアウトしました。

DSC_5647-カナダカモメ1W-B(10)今度は目いっぱいですが、上手くフレームに収まりました。
   左の風切が傷んでいるので、先ほどの個体と同一と分かります。



スポンサーサイト
category
未分類

メリークリスマス

メリークリスマス2017
category
未分類

イカル

木止まりのイカルです。
今の時期ならではの枝にぶら下がる、エノキの実をついばむイカルです。
今日は曇り空。絶好の撮影チャンスと思い、予定の撮影ポイントに行きました。

DSC_1644-イカル-B(1)エノキの実を食べに、10羽位の小群れがたまにやって来ます。

DSC_1796-イカル-B(2)

DSC_1987-イカル-B(3)

DSC_1816-イカル-B(4)大きくトリミングです。イカルがエノキの実の皮を砕き、ボロボロと皮が
  落下しているのが見えます。
DSC_2025-イカル-B(5)エノキの黒い皮が付いた実を咥えています。

DSC_2087-イカル-B(6)こちらは皮を取った中の種を咥えています。

DSC_1828-イカル-B(7)イカルが飛び出しました。
   初列風切にある白斑が連なって、白い翼帯となって見えています。





category
未分類

木の実と小鳥

秋も本格的になり、残り少ない熟した木の実に集まる小鳥たちです。

DSC_9489-キビタキ-B(1)ミズキとキビタキ♂です。

DSC_9551-キビタキ-B(2)

DSC_9463-キビタキ-B(3)キビタキ♀タイプがミズキの実を咥えました。小枝や葉っぱで見えにくいです。

DSC_9447-オオルリA-B(4)オオルリ若♂です。今季初撮りです。

DSC_9525-オオルリ?-B(5)これは何だろう。細身でアイリングが見えないのでオオルリ♀?
  やっぱりキビタキか。よく分かりません。

DSC_9496-ヒヨドリ-B(6)ヒヨドリがミズキの実を咥える所です。ミズキの実はまだ空中です。

DSC_9519-コゲラ-B(6)こちらも残り少なくなった、ホウノキの実を突っついているコゲラです。






category
未分類

ミサゴ&トビ

ミサゴAとトビBの合体作です。

DSC_5507-ミサゴ-B(1)A

DSC_5513-ミサゴ-B(2)A

DSC_5521-ミサゴ-B(3)A

DSC_5828-トビ-B(4)B

DSC_5831-トビ-B(5)B

DSC_5832-トビ-B(6)B

DSC_5833-トビ-B(7)B

DSC_5834-トビ-B(8)B

DSC_5835-トビ-B(9)B 以上なかなか飛び込まないミサゴに代わってトビが代役でした。









category
未分類