FC2ブログ

野鳥千里

2005年5月にデジタル化した後の、野鳥の撮影記録がメインです。

ホトトギス

梅雨の今定番の、ホトトギスを撮りに行ってきました。
鳥は落ち着かず、あっちで鳴けば今度はこちらと、まともに姿を見せないまま飛び回っていました。

DSC_5289-ホトトギス-B
(1)散々振り回されたあげく、やっと見つけたホトトギスです。

DSC_5405-ホトトギス-B
(2)止まった所はクスノキの大木で、頭上30メートル近くの梢です。

DSC_5371-ホトトギスA-B
(3)鳴いたり休んだりの繰り返しで、毛虫などの餌は取らずソングポストのようです。

DSC_5373-ホトトギスA-B
(4)

DSC_5450-ホトトギス-B
(5)少し立ち位置を変えて、尾羽の先端近くまでほぼ全身見える様になりました。

DSC_5484-アジサイ-B
(6)少し余裕が出来たので、今が盛りのアジサイです。

DSC_5504-アジサイ-B
(7)こちらはアジサイの原種と言われるガクアジサイです。品種改良も盛んなようです。






スポンサーサイト

今の時期何か変わったアジサシでも入っていないかと、いつもの沼に行ってみました。

DSC_4570-クロハラアジサシ-B
(1)遥か遠くでカメラマンが何か狙っています。レンズを向けてみるとクロハラアジサシでした。

DSC_4675-クロハラアジサシ-B
(2)逆光で目が入りません。

DSC_4757-クロハラアジサシ-B
(3)

DSC_4711-クロハラアジサシ-B
(4)遠くで餌取りです。拡大してみると、この時はエビのようなものを獲っていました。

DSC_4828-コアジサシ-B
(5)ここでの常連のコアジサシです。たぶん♀へのプレゼント用に小魚を咥えています。

DSC_4300-コアジサシ-B
(6)コアジサシついでに少し離れた営巣地に行ってみました。可愛い雛がいました。

DSC_4343-コアジサシ-B
(7)

DSC_4986-ヨシゴイ-B
(8)沼にはヨシゴイもいました。

DSC_4989-ヨシゴイ-B
(9)沼の中にある葦原から葦原へとあっという間に飛び渡るので、反射神経が試されます。












アオゲラ Ⅱ

前回と撮影順序が逆ですが、ミズキで営巣したアオゲラの子育ての様子です。

DSC_2158-アオゲラ-B
(1)♀親と♂雛

DSC_2250-アオゲラ-B
(2)♂親

DSC_3153-アオゲラ-B
(3)♀雛が長い舌を出しました。

DSC_3191-アオゲラ-B
(4)♀親は嘴に餌を咥えて、雛に巣立ちを促しています。

DSC_3201-アオゲラ-B
(5)雛が完全に巣穴の外に出ました。羽衣の色は親と同じ様ですが、尾羽が短いです。

DSC_3210-アオゲラ-B
(6)隠れていますが親の後をついて、ミズキを一回りしました。その後飛んで行きました。




アオゲラ

哀れ、アオゲラです。

DSC_3455-アオゲラ-B
(1)

DSC_3612アオゲラ-B
(2)

続、タマシギ

タマシギの雛たちはしっかりとした足取りになり、順調に成長していました。

DSC_2555-タマシギ-B
(1)

DSC_3030-タマシギ-B
(2)

DSC_4103-タマシギ-B
(3)畔を超えて隣の田んぼに移動です。

DSC_4114-タマシギ-B
(4)

DSC_4125-タマシギ-B
(5)遅れた雛が口を開けています。待っててよーと言っている様にも見えます。

DSC_4174-タマシギ-B
(6)稲が短く開けた田んぼは危険がいっぱい、ダッシュで通過です。

DSC_4182-タマシギ-B
(7)危険な田んぼを無事に渡り終え、次の田んぼへと草の中に入っていきました。







次のページ

FC2Ad