Entry Navigation

晩秋の公園

晩秋の公園で撮り貯めた秋の木の実と小鳥です。

DSC_2766-エナガ-B(1)まずは紅葉した蔦の葉とエナガです。

DSC_2768-エナガ-B(2)少し移動してエナガも紅葉見物です。

DSC_5759-紫式部&エナガ-B(3)ムラサキシキブとエナガです。

DSC_5767-紫式部&エナガ-B(4)

DSC_3026-マユミ&コゲラ-B(5)マユミとコゲラです。

DSC_3314-マユミ&コゲラ-B(6)

DSC_3326-シジュウカラ-B
(7)マユミとシジュウカラです。

DSC_8596-メジロ-B(8)カキとメジロです。

スポンサーサイト
category
その他

ミサゴ総集編 その2

大勢のカメラマンで賑わったミサゴポイントも、落ちアユの季節が終わり寂しいものです。
代ってハイタカを期待しますが、台風による増水でオギの群生地はペシャンコです。
石ころだらけの河川敷には水鳥や小鳥も少なく、猛禽の姿も当然見えません。
最近は思うような鳥撮りが出来ないので、賑わった頃のミサゴです。

DSC_4308-ミサゴ-B(1)

DSC_3726-ミサゴ-B(2)

DSC_3727-ミサゴ-B(3)

DSC_3728-ミサゴ-B(4)

DSC_3729-ミサゴ-B(5)

DSC_3730-ミサゴ-B(6)

DSC_3731-ミサゴ-B(7)

DSC_3732-ミサゴ-B(8)

DSC_4520-ミサゴ-B(9)

DSC_4521-ミサゴA-B(10)

DSC_4522-ミサゴ-B(11)

DSC_4523-ミサゴ-B(12)

DSC_4524-ミサゴ-B(13)












category
タカ科

オギと小鳥

秋が深まると白くなってふわふわの、オギの穂に乗った小鳥をたまに見かけます。

DSC_7715-ホオジロ-B(1)見かけるのはほとんどスズメかホオジロです。

DSC_7721-ホオジロ-B(2)細かく観察した事が無いのでよく分かりませんが、ホオジロはオギの小穂を
  食べているようです。

DSC_5281-セッカ-B(3)今月の初めですが私としては珍しく、オギの穂に乗ったセッカを見ました。

DSC_5308-セッカ-B(4)セッカがオギの小穂を食べる事は有りませんでした。
  セッカの嘴は細長く先端がやや湾曲した形で、植物の種を食べるより昆虫などを
  捕まえるのに適していて、そもそもの食性が違うようです。



category
その他

アオバト

水路沿いの秋の味覚を求めてアオバトが来ていました。

DSC_7820-アオバト-B(1)黄色味が増した木の葉とアオバトです。

DSC_8250-アオバト-B(2)この個体はよく見ると雨覆いに赤味があり若い♂のようです。

DSC_8141-アオバト-B(3)木の実が沢山なっています。イヌツゲ(?)でしょうか。

DSC_8172-アオバト-B(4)アオバトにとって至福の瞬間です。

DSC_8176-アオバト-B(5)木の実を咥えました。

DSC_8226-アオバト-B(6)まだまだ食べ放題ですが、1回に連続して食べるのは5、6粒の様です。



category
ハト科

秋のシロハラ

今季シロハラの初撮りが出来ました。
ムクノキに止まって実を食べていました。季節限定の嬉しい出会いです。

DSC_7499-シロハラ-B(1)空抜けです。

DSC_7552-シロハラ-B(2)背景に緑が入りました。

DSC_7516-シロハラ-B(3)ムクノキの種を嘴に出し入れして遊んでいました。

DSC_7528-シロハラ-B(4)こちらは枝に生ったムクノキの実を咥えた所です。



category
ツグミ科