Entry Navigation

クマタカ

久し振りのクマタカです。
いずれも距離が有るので大トリです。DSC_3530-クマタカ-B(1)

DSC_3535-クマタカ-B(2)

DSC_3568-クマタカ-B(3)

DSC_3622-クマタカ-B(4)



スポンサーサイト
category
タカ科

春のベニマシコ

地べたに降りて春の草花の芽を食べるベニマシコです。
今の時期木の新芽を食べるのは定番ですが、地べたの草花を食べるシーンは
初めて見ました。

DSC_2391-ベニマシコ-B(1)春の草花を夢中で食べていました。

DSC_2406-ベニマシコ-B(2)ほとんど夏羽です。

DSC_2430-ベニマシコ-B(3)尾をピンと伸ばしています。

DSC_2716-ベニマシコ-B(4)草花に囲まれてピクニックでしょうか、それともかくれんぼ。

DSC_2577-ベニマシコ-B(5)涙目と白い3枚の外側尾羽です。










category
アトリ科

オオタカ

久し振りのオオタカです。
今回は幸運にも成鳥羽と幼羽の、2個体を見る事が出来ました。

DSC_4381-オオタカ-B(1)遥か遠くで小鳥の群れが飛び出しました。
  何だろうとみていると、そこにある大きな木にオオタカが止まりました。
  腹が白く見えるので成鳥の様です。

DSC_4456-オオタカ-B(2)止まったオオタカの様子を見ていると、今度は幼羽のオオタカが近くを旋回しました。

DSC_4469-オオタカ-B(3)幼羽の存在に気づいた成鳥がスクランブル発進し、幼羽とのバトル勃発です。
   幼羽の威嚇に一瞬身じろぐ成鳥です。

DSC_4476-オオタカ-B(4)態勢を立て直した成鳥が反撃に転じます。

DSC_4477-オオタカ-B(5)逃げる幼羽と追う成鳥です。

DSC_4478-オオタカ-B(6)撮影距離が近いので、画面左が詰まってしまいました。
   成鳥は小ぶりで顔の黒色が濃いので♂かも知れません。幼羽も体形が似ているので
   ♂かもです。

DSC_4482-オオタカ-B(7)幼羽を追いかける成鳥です。2羽同一フレームに入りません。

DSC_4483-オオタカ-B(8)今度は翼を持ち上げた所です。





category
タカ科

ダイサギ

河原にサギが2羽いました。

DSC_2050-チュウダイサギ-B(1)この個体は足が黒いのでチュウダイサギの冬羽の様です。

DSC_2035-オオダイサギ-B(2)もう1羽のほうです。この個体は足が黄色いのでダイサギの様です。
   なお、ダイサギは2亜種で、亜種ダイサギと亜種チュウダイサギに分かれています。

DSC_2064-チュウダイサギ-B(3)2羽が前後に並びました。手前がチュウダイサギで後がダイサギです。
   明らかに後のダイサギの方が大きいのが分かります。

DSC_2066-チュウダイサギ-B(4)亜種ダイサギは以前はオオダイサギと呼ばれていましたが、分類の改定に伴い 
   オオダイサギの名称は無くなったようです。


   
category
サギ科

早春の海 その5

早春の海の5回目、最終回はウトウです。
漁港では北海道の離島での集団繁殖で有名な、ウトウを見る事が出来ました。

DSC_1587-ウトウ-B(1)冬羽でしょうか、上嘴基部の突起が目立たないです。

DSC_1607-ウトウ-B(2)

DSC_1572-ウトウ-B(3)

DSC_1600-ウトウ-B(4)

DSC_1638-ウトウ-B(5)






category
ウミスズメ科